トップページ 

お好み焼きに標語を掛けると、どんな味?

お好み焼き/Okonomiyaki > いのうえお好み焼/InoueOkonomi

いのうえお好み焼/InoueOkonomi


いのうえお好み焼/InoueOkonomi

かつては尾道的風情のあった土堂海岸通りは


かつての土堂海岸通りには、車の通行は少なく、江戸時代の遺構であった当時の雁木、尾道では明治を代表する建築物の旧協和銀行、昭和では戦後の動乱期に作られたバラック建築など、風情を持った歴史的建築物が点在していた。
ところが今から二十数年前あたりから、一変してしまった。尾道が日本の高度成長時代の流れに乗り遅れたことで、自信を無くした当時の大人たちは、トラウマから逃れる唯一の方法として「スクラップ&ビルドこそが、都市の成長」なのだと信じてしまった。その結果、時代の流れを読みとることもなく、尾道の未来に大切な多くのものをためらいもなく捨て去った。車社会を最優先させていた一昔前の価値観に何の疑いも持たず、経済の流れに乗り遅れる地方都市のこの種の風潮は、残念ながら今も変っていないように思える。
芸術や文化が経済を誘引誘発するというダイナミズム、近未来の地方都市が避けて通れない人口減少によるコンパクトシティ化の波、求められる歴史を生かした感性豊かなスローシティ化等々、時代の流れは大きく変化しているが、この尾道に住む人々にはまったく危機意識はないようだ。br />

いのうえお好み焼き店では、標語を読むのが食前の作法?!


ついつい饒舌になってしまう土堂海岸通りには、数年前まで4軒のお好み焼き店があった。その中でも何だか気になる「お好み焼き」店が二軒あり、その一軒は取材をぐずぐずしている内に廃業してしまった。
内気な吾輩は、一人で初めての店に行くことをためらう習性が根強く、今も気になる「いのうえお好み焼」を何としても取材しなければと、うじうじしながら心の片隅で思っていたら、偶然にもその機会が訪れた。海岸通りのセブンイレブンの前にその店はある。紫色の暖簾をくぐると、細長い空間の一番奥に「いのうえお好みや焼」の鉄板が据えられていた。
おかみさんに「いつから始められたんですか?」と尋ねたら、「長くやっているからって、美味しいとは言えないよねぇ...。」とニッコリしながらも、なかなか答えてくれない。「20年くらいかなぁ....。」「長い間やっても、神経痛しか残らんよ。」おかみさんの手は、お客との会話を楽しみながら、この店で唯一の「ミックス お好み焼」を手際良く焼いている。
焼き上がったお好み焼を熱々の鉄板で食べられるのは3人だけ。ほかのお客はお皿に載ったお好み焼を食べる他ない。それでも鉄板の上の熱々のお好み焼きがどうしても食べたいお方は、いのうえのおかみさんと会話を楽しみながら待つほか無い。
それにしても、この店のおかみさんは標語がお好きなようで、壁という壁に貼付けてある。ひょっとして、これは食前の作法であろうか。お客は焼き上がるのを待っている間、それを読みながら暫しの心のゆとりを得る。それが美味しくいただく極意なのかも知れぬと吾輩は考えた。
ところで、内緒の話でもないのだが、営業時間の17時を過ぎても予約の電話を事前に入れておけば、30分位の延長はOKということだ。(2010年12月)
当時のデジタルカメラの画素数があまりにも低いためか、画質が極めて悪くなっています。ご容赦ください。機会を見て撮り直したいと考えています。
  • いのうえお好み焼/InoueOkonomi
  • いのうえお好み焼/InoueOkonomi
  • いのうえお好み焼/InoueOkonomi
  • いのうえお好み焼/InoueOkonomi
  • いのうえお好み焼/InoueOkonomi
  • いのうえお好み焼/InoueOkonomi

  • ここを見た方はこちらにも立ち寄ってます