トップページ 

名もない路地が大林映画でスターダムにのし上がったが

路地/Roji > 失われたタイル小路/LostTileAlley

失われたタイル小路/LostTileAlley


失われたタイル小路/LostTileAlley

タイル小路(失われた尾道の日常遺産)


かつて出雲街道といわれ、石見の大森銀山にも通じ、銀の道とも呼ばれた街道の尾道側の出発地であった長江町。この長江町からは、福禅寺や御袖天満宮(江戸時代後期の古地図には天神坊と表記)に通じる参道がある。この2つの参道の間には路地があり長屋がある。その名もない路地が、ある日突然著名な「タイル小路」という名の路地となったのは、余りにも有名な話だ。
ええ(良い)門は福善寺という浄土真宗の寺の近くの長屋に住む老夫婦が、1970年の大阪万博に行った記念にと長屋の路地にタイルを貼り始めた。その路地が尾道出身の大林宣彦作品が1983年に世に出した「尾道三部作」の一つ、映画「時をかける少女」で紹介された。それを機に名もない路地が「タイル小路」という名前を獲得しスターダムにのし上り、当時の尾道で有名な観光資源となったのだ。
この「寄ってたかって」の尾道的風情の典型と思われたタイル小路は、ファンに惜しまれながら、わけあって今はただの路地に還っている。余談だが、この「タイル小路」の中には、現代芸術家の赤瀬川原平や荻野目洋子がマジックで書き込んだタイルもあったのだが、さてどうなったものか。
  • 失われたタイル小路/LostTileAlley
  • 失われたタイル小路/LostTileAlley
  • 失われたタイル小路/LostTileAlley
  • 失われたタイル小路/LostTileAlley

  • ここを見た方はこちらにも立ち寄ってます