トップページ 

無機質も尾道時間でゆっくりと熟成される

気になる風景/Kiininarufukei> 尾道の日常遺産/OnomichinoNichijoisan

尾道の日常遺産/OnomichinoNichijoisan


尾道の日常遺産/OnomichinoNichijoisan

尾道の日常風景が非日常、これが尾道の日常遺産だ


太閤秀吉御墨付きといわれ、尾道の生きた文化遺産といっていいほどの日常風景に、路上の「魚売り」が目に止まる。その歴史は太閤の朝鮮出兵にまで遡る「天下御免」の路上魚売りで、尾道人はこれを「晩寄り(ばんより)」と呼ぶ。「晩寄り」とは漁師が捕ってきた魚をその奥さんが手押し車に乗せ、売り歩く行商のこと。本来、晩御飯のおかずを買いに立ち寄るという意味で、そんな名前がついたといわれるが、現在は「晩寄り」も晩ではなく、午前中に店が開かれ、昼過ぎまでに店じまいするといった塩梅。
くどくど説明しすぎたが、その「晩寄り」の手押し車が、押す人もいなくなったのか、風雨にさらされ、ぽつんと取り残されている。取り残されてはいるが、寂し気には見えない。「ここは俺の場所だ」と定位置に威風堂々と吾輩には見えるのだが、それにしても最近(2019年)は随分と歳相応の姿になってきたなぁ。

世界中のマンホールを研究した御仁がいる。かの有名な「路上観察学会」のメンバーでイラストレーター兼著述業の林丈二さんだ。林さんには尾道に確か3度お越し頂いたか。林さんが3度ということは、赤瀬川原平さんも尾道に3度以上お越しいただいたということだ。それほどお二人は仲が良い。
幸運にも、吾輩はこのお二人と尾道を徘徊し、見立ての達人たちの極意を目の当たりにした。以来、尾道が今まで以上に面白く見えてきた。面白いということは、見えないものが見えてくるということだ。無機質な「もの」も、吾輩に語りかけてくる。語りかけてくるので、「もの」は単なる「もの」ではなくなった。
このマンホールもその一つ。林さんによれば、これは初めてみる「形」だとか。尾道のとある路地にあったものだが、不思議なことに、マンホールの権威者の御墨付きとなると、これまた妙に気になるものだ。

これは猫道?! ではない。それでは何だ?といわれると、もったいなくて即座には答えたくない。この道は千光寺山(大宝山)や西國寺山(愛宕山)では見かけるけれど、浄土寺山(瑠璃山)にはあまりない。さて、さて何だろうか。
答えは「おのみちグルメマップ」(1992年版)に書かれているのだが、もう手に入れることは不可能に近いだろう。「おせいちゃらん(=教えてやらない)」と云ってがんぼう(=いじわる)するのも楽しいが...。吾輩は由緒正しき猫である。猫の世界では、血筋が良いということは、清廉潔白、私利私欲には走らずという意味だと云われている。
そんなわけで、少々もったいない気もするが、お教えするとしよう。現代芸術家であり作家の赤瀬川原平さんも感心したというこの道は、獣道ならぬ「バイク道」なのだ。山の上まで重い荷物を担いでいくには、ちと一苦労。どこにも智恵者がいるもので、「それならバイクで」と考えた人がいた!!モトクロスのバイクというわけには行かないが、何とかバイクで石段が登れるようにと、考案されたのが、このバイク道というわけだ。それにしても相当のテクニックが必要だ。
  • 尾道の日常遺産/OnomichinoNichijoisan
  • 尾道の日常遺産/OnomichinoNichijoisan
  • 尾道の日常遺産/OnomichinoNichijoisan
  • 尾道の日常遺産/OnomichinoNichijoisan
  • 尾道の日常遺産/OnomichinoNichijoisan

  • ここを見た方はこちらにも立ち寄ってます