トップページ 

この路地は表と裏の表情がこんなに違うとは

路地/Roji > 昭和通り/ShowadoriAlley

昭和通り/ShowadoriAlley


昭和通り/ShowadoriAlley
「吾輩は道である。名前はまだない」という道が最近多くなった。いつの頃から「道」に名前がなくなったのか。つらつら考えるに、それは1960年代以降の高度成長期にさかのぼるのではないだろうか。工業製品や生活必需品の大量生産、大量供給に大量消費の大号令で、国民一色バラ色で日本がどんどん元気になっていった時代だ。都市計画という思想を持たず、山という山が削られ、住宅団地・工業団地が次々と造成され、街は無秩序に増殖し、海は臨海工業地帯として埋め立てられていった。「潤い」という言葉は忘れ去られ、がむしゃらにばく進し、自然を切り売りした成長期の時代。切り売りだから、どんどん捨てればいい。どんどん捨てられるものに名前は要らない。「道」も同じで、単なる「機能」があればよいということだったのではないか。何でこんな話になったのか、と考えてみた。どうやら「昭和通り」という名前と、そこから連想させる時代の記憶が、吾輩を饒舌にさせたようだ。独り善がりな思い込みを長々書いて、大いに失敬!!。
本題に戻るとしよう。果てさて、なぜ「昭和通り」という名前がこの通りに付いたのか。しかもコの字型をした、ちょっと広めの路(みち)2つが路地に近い狭い路で繋がれたこの通りは、運転に自信がある車だけしか抜けられないという意味で、世間では道路というよりは路地に近い通りである。
これまた余談ではあるが、この通りは、吾輩の幼少期の多くの記憶を蘇らせる。いまでも笑い声や泣き声が聞こえてくるようだ。その記憶は土門拳が残した、尾道弁でいう、がんぼう(わんぱく小僧)たちの映像の世界だ。
この界隈は、もともと海徳寺の地所であった。それが昭和元年頃に寺が瑠璃山(=浄土寺山)中腹に移転したことにより、道が作られ、民家が建てられた。「昭和通り」という名前の由来はどうやらそのあたりにあるようだ。
この路地は、表入口と奥の角あたりの雰囲気がガラッと違う。車社会に辛うじて機能する路地と、車を拒絶する路地の違いか。それにしても、この路地に近い路には数匹の猫族がちょこちょこしていて、住みやすい環境にあるらしい。
東西に走る北側の通り(備三タクシー久保営業所とビサン ゼセッションの間)と同じく東西に走る南側の通り(備三タクシー久保営業所とがんこ屋の間)、この二本の路地を結ぶ南北に走る路地でコの字型になっている。この昭和通りには、その昔、呑み屋、せんべい屋、駄菓子屋(後に小鳥屋)に質屋、それに桶を作る職人さんも居た。
  • 昭和通り/ShowadoriAlley
  • 昭和通り/ShowadoriAlley
  • 昭和通り/ShowadoriAlley
  • 昭和通り/ShowadoriAlley

  • ここを見た方はこちらにも立ち寄ってます