トップお好み焼き > こころ

こころ

丹花小路という路地で、隠し味は「ネギ」なんだ...。
こころ
こころ
こころ

 「このお店のおすすめは?」と尋ねたら、「こころ焼はどうですかねぇ...。」
 早速「こころ焼」というお好みを注文した。肉玉、もちにチーズ入り、ネギとそば(叉はうどん)で650円。
 「ネギを入れるんですねぇ。全部のお好み焼きにネギを?」との質問に、「そうですよ。」「どこでもネギを入れてると思ったけど、入れないんですか..。うちは昔から入れているからねぇ。」ということで、この店の隠し味はネギなんだ。
 それでも、ネギ好きなお客は、お好み焼きの上に、さらにネギをかけて食べるという。「でも、その日の仕入れたネギの具合で変わるんですよ。ネギがこわい(尾道弁で硬いの意)ときは中に入れ、柔らかければ上にかけ...」とお客も話の輪に入ってのネギ談義。

 丹花小路を久保本通りから覗くと、お好み焼き「こころ」の提灯が見える。昭和50年の創業以来、この路地で営業されているという。「初めの2〜3年は妹が、この店よりちょっと奥で」「それから私がこの場所で」と女将さんの岡田静江さん。
 このお店、名は体を表すというべきか、お気に召すまま、お客さまのお”こころ”に合わせて(というわけかどうかは知らないが..)、お好み焼きの焼き方も、広島風(実は尾道風)、モダン焼き、関西風の3種類もあるのだ。
 そしてまたまた質問「モダン焼きって?」と吾輩が尋ねると、「そばを炒め、生地が卵だけで作られる」のが特徴だとか。
 3種類の焼き方には各々5種類のお好み焼きメニューがあり、別に当店おすすめの「こころ焼」、ジャンボ焼き、デラックス(A)(B)もある。お好み焼き以外ではオムライス、焼めし、おむすび、ライス、ピラフ焼そばにところ天などなど(写真/下の入口ドアに書かれたラーメンは今はやっていない。)、実に多彩だ。
 じっとメニューを眺めていたら、面白いことを発見した。焼き方には、格付けがあるようで、基準はモダン焼きで一番高く、広島風(尾道風)は-50円、そして関西風はさらに-50円。きっと材料と作る手間の違いだニャン、と勝手に合点するのだが...。

お店の情報
店名
こころ
住所
尾道市久保1丁目2-19
電話
0848-37-4498
定休日
日曜日、臨時休業あり
営業時間
11時00分〜15時00分、17時00分〜19時00分
価格帯
400円〜900円
創業
1975年
席数
16席
駐車場
なし
品数
19品目
誰が焼くか
店主
焼き方
尾道風、関西風
席形式
カウンター及びテーブル
のれん
なし
おでん
なし(ところ天あり)。
禁煙
一応禁煙

屋号度
内装年季度
店主密着度

バックリンク(11) 参照(2373)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by