トップ尾道見聞録 > これが尾道弁じゃ

これが尾道弁じゃ

これが尾道弁じゃ
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

これが尾道弁じゃあ
   『尾道弁』という定義は、すこぶる難しい。『尾道弁』なのか『備後弁』なのか、それとも『備前・備中弁』なのか。尾道は、広島安芸文化圏より岡山備中備前文化圏に近いのは確かだ。
 尾道の中にも地域によって、随分と異なった「ことば」があるようだけれど、とにかく2004年度の広域合併以前の尾道市の行政区域内で使われている「ことば」を『尾道弁』と解釈してみた。中でも『尾道弁』には、「まち(商人)ことば」と「漁師ことば」に大別され、「漁師ことば」にも吉和、御所、尾崎の三種類があることだけは、付しておこう。

 また掲載した『尾道弁』の意味については、吾輩の勝手な思い込みによるものを書き込んでみたもので...。要するにあまり信ぴょう性がなく、学問的な裏付けもないが、それでも聞き込みによるリアリティはあるのだと自負している。最後にこの場を借りて、快く吾輩のインタビュ−に応じてくださった多くのお年寄りの方々に心より感謝したい。

*リニュ−アルした時点での最新の尾道弁コレクションは赤色で表示する。

尾道弁の『あ行』じゃ

ああじゃこうじゃ⇒あれやこれや
あぎょう⇒上げよう(例.ええ子じゃけい、これあぎょう)
あずる⇒苦労する(例.子供の宿題であずる)
あ、ほうねぇ⇒なるほど
ありょう⇒あれを(例.ありょう、しゃんしょう)
あんなぁ⇒あの人は(例.あんなぁ、ええ子よ)
あんやん⇒兄さん

いお⇒魚(例.いおは,うまあけぇのう)
いさば⇒鱶の子=転じて相手を見下げることば(例.このいさばが)
いたしい⇒難しい(例.こりゃあ、わしにゃいたしいで)
いっこも⇒何にも(例.いっこも、見れん)
いなす⇒呑み込む。帰す。(例.早う、いなせぇ)
いなげな⇒変な、おかしな(例.いなげな所じゃ、いなげな味じゃ)
いぬる⇒帰る(例.わしゃぁ、もういぬるでぇ)
いんやぁ⇒嫌だ。言いなさい。(例1.いんやぁ、しとうないわぁ)(例2.あの人に、いんやぁ)

うち⇒私(女ことば)(例.うちゃ、知らんよ)
うまあ⇒美味しい(こりゃあ、うまあのうや)

ええ⇒優れている(例.この絵のほうが、ええでぇ)
えっと⇒沢山(例.こりゃぁ、えっとあるは!)
えらい⇒疲れた(例.仕事をし過ぎて、えらいわぁ)

おおけえ⇒大きい(例.これはおおけえなあ)
おごうさん⇒奥さん(例.おごうさん、さかなは要らんきゃあ)
おじんじょう⇒正座(例.おじんじょうしなさい)
おせ⇒大人(餓鬼のくせに、おせを言うなぁ)
おどれ⇒お前の見下げたことば(例.おどりゃぁ、なにするんじゃ)
おはようした⇒お早うございます
おみゃあ⇒お前(例.おみゃあらぁ、何しとんか)
おらぶ⇒叫ぶ(例.オランダ人がベランダでおらんだ)
おらん⇒居ない(例.だれもおらんでぇ)


尾道弁の『か行』じゃ

がっそう⇒だらしなく髪を伸ばす(例.おみゃあの頭は大がっそうじゃ)
かばちたれる⇒でしゃばる(例.かばちたれるな!)
かわりばんこ⇒順番に(例.変わりばんこにしてくれ)
がんつう⇒蟹の総称
がんぼう⇒利かん坊(例.あいつぁ、がんぼうったれだった)

きっぽ⇒じゃりっぱげ
ぎり⇒つむじ
きる⇒打つ(例.こんどはわしにバットで切らせぇや)
きょうてい⇒恐い(例.そりゃぁ、きょうていのぅ)
くれぇや⇒呉れないか(例.ちいとばぁ、くれぇや)
きゃんきゃ⇒来ない(例.あの人は、きゃんきゃ)
けぼ⇒潔癖性(例.あいつぁあ、大けぼじゃけぇ)

こかあ⇒ここは(例.こかあ、どこきゃあのう)
こげる⇒欠ける(例.茶わんがこげた)
こさげる⇒全部残さずに(削り)とる。衝突して削りとる。(車をこさげる)
こらえん⇒ゆるさない(例.そんなことしたら、こらえんよ)
こんぎゃぁな⇒このような(例.こんぎゃあなことが出来るか)
こんにゃあつらぁ⇒このやからは(例.こんにゃあつらぁ、悪よ)


尾道弁の『さ行』じゃ

さげる⇒ものをもつ(例.バケツをさげる)
さでくりかえす⇒ハチャメチャにひっくり返す
さばく⇒散らかす(例.そんなにさばくな)
さばる⇒何かに掴まる(例.その取っ手にさばりにゃぁ)
さんにょう⇒計算(例.さんにょうしてくれ)

しごう⇒処置(例.魚のしごうする)
したゃあ⇒したい(例.それがしたゃあけぇ)
じなくそ⇒いかげんなこと(例.じなくそばぁゆうな!)
しまやんのぅ⇒しまうよねぇ(例.年じゃけぇ、忘れてしまやんのぅ)
じゃけぇ⇒だから(例.じゃけえ、言うたじゃろうが)
しゃんしょう⇒しましょう(例.そうしゃんしょう)
じゃんす⇒であります(例.ありゃぁ、立派な青年じゃんすで)
すえる⇒たべものが傷むこと(例.そりゃぁ、すえっとるでぇ)
すげえ⇒凄い(例.おみゃあは、すげえことするなあ)
すばぶる⇒しゃぶりついて食べる(例.その骨をすばぶってみぃ)
ずれる⇒崩れる(例.あそかぁ、ずれるでぇ)

せにゃあ⇒しなければ(例.早う勉強せにゃあ)
せらう⇒嫉妬する、焼きもちをやく(例.そんなにせらうなぁ)


尾道弁の『た行』じゃ

たあぎゃあな⇒いいかげんな(例.たあぎゃあなことばぁ、言うな)
たいぎい⇒しんどい、やる気がおこらない
たう⇒届く(例.足がたうきゃあ)
たれる⇒しゃべる(例.かばちばぁ、たれるな!)
たんびゅう⇒たびたび(例.つろ−てたんびゅう行こうでぇ)

ちいたぁ⇒少しは(例.ちいたぁ、疲れたろう)
ちいとばぁ⇒少しは(例.ちいとばぁ、くれぇや)
ちびる⇒擦り減る(例.この下駄ちびたのぅ)

つきゃあ⇒ください(例.これをつきゃあ)
つろ−て⇒一緒に(例.つろ−て行ってくれぇ)
つんどる⇒閉まっている(例.もうつんどらあ)

てご⇒手伝い(例.てごうしてくれ)

どうじゃらかあじゃら⇒あれやこれや
どうしょん⇒なにをしているか(例.どうしょんねぇ)
どける⇒空ける(例.降りるけぇ、どけてくれぇ)
どしゃげる⇒ぶつかる(例.車がどしゃげとる)
とらげる⇒納める(例.その本をとらげてくれ)


尾道弁の『な行』じゃ

なせ⇒参加する(例.頼むけぇ、わしもなせてくれ)
なぁ⇒...ではない(そうじゃぁ、なぁどぅ)

にがる⇒鈍痛(例.腹がにがる)

ねきぃ⇒近く(例.暑いけぇ、そうねきにくるなぁ)
ねぶる⇒舌でなめる(例.飴をねぶる)

のうくり⇒ 鱶の子=転じて見下げることば(例.こののうくりが!)
のうする⇒紛失する(例.大事なもんじゃけぇ、のうするなぁ)
のす⇒入れる(例.傘にのしてくれぇ)

尾道弁の『は行』じゃあ

..ばあ⇒..ばかり(例.わるいことばぁする)
はぐいい⇒悔しい(例.わしゃぁ、はぐいいてのう。「はがいい」とも言う)
はしる⇒ヒリヒリと痛み(例.目がはしる)
はとうする⇒通せん坊する
はぶてる⇒ふてくされる(例.そう、はぶてなさんなぁ)
ばんこ⇒ たびたび(例.ばんこ遊びやあがって)

ふう⇒恥ずかしい(例.そうなこと、ふうが悪いわ)
ぶさぐる⇒手で強く叩く(例.おみゃぁ、ぶさぐったろうかぁ)
ぶち⇒とびきり(例.ぶち、ええなぁ)
ふたをする⇒戸を閉める(例.早うふたぁせぇ)
ふりーい⇒古い(例.尾道はふりーいまちじゃけぇ)

へいちょう⇒包丁
へえから⇒それから(例.へえから、わしゃぁ好きなんよぅ)
へえじゃけぇ⇒だから(「ほんじゃけぇ」と同意語)
へぶる⇒ばかにする(わしをへぶるんかぁ)

ほいじゃけぇ⇒だから(例.ほいじゃけい、言うたろうが)
ほいで⇒それから(例.ほいで、声をかけたんじゃぁ)
ほいたら⇒そうしたら(例.ほいたら、そりゃあ、何ねぇ)
ほいと⇒乞食
ほっとく⇒そのままにする(例.そんなもん、ほっとけぇ!)
ほれ⇒ 糞(例.ほれくらえ!)
ぼれえ⇒すごく(例.ぼれえ、ええなぁ)
ほんなら⇒それなら(例.ほんなら、いうてみい)


尾道弁の『ま行』じゃあ

まどう⇒弁償する(例.おみゃぁ、ようまどうんかぁ)

みてる⇒なくなる(例.みかんがもうみてたんかぁ)
みやしい⇒平易(例.そんなみやしいことがわからんのか)
みょうた⇒見ていた(例.ようみょうたでぇ)
みれん⇒見ることができない(例.いっこも、見れん)
みんしゃぁ⇒みなさい(例.それみんしゃぁ、言うこと利かんけぇ)

めげる⇒壊れる(例.コンピュ−タ−がめげたでぇ)

もうかり⇒ままかり(魚の名前)
もぶれる⇒まとわりつく(例.子供がもぶれる)


尾道弁の『や行』じゃあ

やおい⇒柔らかい(例.わしは歯が悪いけえ、やおいもんくれぇ)
やらぁ⇒する(例.わしが、やらぁ)
やんやん⇒(実の)お兄さん

ようする⇒大切にする(例.あいつぁ、人のことをようするでぇ)
ようまあ⇒おせっかい(例.そ−に、ようまあするな)
よ−る⇒言っている(例.あいつが、そうよ−たどぅ。)
よ−る⇒している(例.あいつは、笑よ−た)
よ−りゃん⇒云っている(例.ウソばぁよ−りゃん)
よりゃあ⇒よりは(例.それよりゃあ、あっちのほうがええでぇ)


尾道弁の『ら行』じゃあ

りゃんしょう⇒...ましょう(例.戻りゃんしょう)

尾道弁の『わ行』じゃあ

わい⇒私(例.わいが、やらあ)

バックリンク(17) 参照(31718)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by