トップ国内外見聞録 > しまなみ海道・潮流体験

しまなみ海道・潮流体験

「能島村上」(のじまむらかみ)水軍が制した驚異の潮流を体験!!
しまなみ海道・潮流体験

しまなみ海道・潮流体験
しまなみ海道・潮流体験
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 しまなみ海道の島々は水軍(海の豪族)の歴史の宝庫だ。水軍は南北朝時代に活躍した村上義弘、その後、村上を継承した師清、更にその子孫である「三島村上(さんとうむらかみ)水軍」と呼ばれる「因島(いんのしま)村上」「来島(くるしま)村上」と「能島(のしま)村上」へと継承されたという。
 歴史の話はこれくらいにして、今回はこの「能島村上水軍」の本拠地であった「能島」(この島には全国でも珍しい海城があった。)の周囲に激しく流れる潮を10名程度しか乗れない小さな漁船で体験するという幸運の機会を得た、というお話をしたいと思う。
 一般的には、4月22日から運行されるという「潮流体験」(乗船時間約20分)だが、今回は一ヶ月も早く、特別にお願いしたのだ。その願いが天に届いたのかどうかは知らぬが、激しい雨と風が吹くという、絶好の水軍疑似体験となった。出港場所は御影石の産地として有名な大島の宮窪港だ。
 春だというのに横殴りの風雨で、傘や雨カッパも役立たず、服は濡れてしまったが、それでも参加者全員が大喜びだ。7〜9ノットの早さで流れる荒神瀬戸の激流を目の当たりする、その凄さを体験したら雨風なんて問題にならないのだ。その魅力をちょっぴり写真でご紹介することにした。
 うず潮といえば鳴門が有名だが、この宮窪瀬戸、なかでも能島の荒神瀬戸の渦巻く潮の流れは知られていない。大潮のときは1mの落差で潮が滝のように流れ、渦巻きや湧き潮(海底から湧き上がる潮)が手が届くほどの身近な距離で大暴れする。まさに自然の驚異を見せつけられるのだ。
 この素晴らしい「潮流体験」がたった1,000円(小学生は500円)で楽しめるというから、びっくりだ。

しまなみ海道は、尾道から向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島と続き四国の今治を結び瀬戸内の多島美が楽しめる高速道路だ。今回ご紹介している潮流体験は大島(かつては能島と呼ばれる時代があった。)の宮窪地区であるものだが、隣の伯方島の「船折瀬戸」の潮流の速さにも驚いてしまう。その映像から流れる海の轟音が聞こえるだろう。流れに立ち向かう全速力の船もなかなか前進できないでいる。

2017年1月31日現在、宮窪の「潮流体験」は、40人乗りの船で所要時間40分、乗船受付時間は、09:00〜16:00となっている。毎週月曜日は運休(但し、祝日は除く)

お問い合わせ先
今治市宮窪観光案内所
TEL 0897-74-1074

全国的にはほとんど知られていないが、このしまなみ海道沿線の島々には、さまざまな実に楽しい体験メニュー(しまなみグリーン・ツーリズム)が用意されているのだ。


バックリンク(12) 参照(2905)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by