トップ尾道見聞録 > ちょっと気になる尾道風景(2)

ちょっと気になる尾道風景(2)

無機質も尾道の時間でゆっくりと熟成される...。
ちょっと気になる尾道風景(2)
ちょっと気になる尾道風景(2)
ちょっと気になる尾道風景(2)
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 太閤秀吉御墨付きといわれ、尾道の生きた文化遺産といっていいほどの日常風景に、路上の「魚売り」が目に止まる。その歴史は太閤の朝鮮出兵にまで遡る「天下御免」の路上魚売りで、尾道人はこれを「晩寄り(ばんより)」と呼ぶ。
「晩寄り」とは漁師が捕ってきた魚をその奥さんが手押し車に乗せ、売り歩く行商のこと。本来、晩御飯のおかずを買いに立ち寄るという意味で、そんな名前がついたといわれるが、現在は「晩寄り」も晩ではなく、午前中に店が開かれ、昼過ぎまでに店じまいするといった塩梅。
 くどくど説明しすぎたが、その「晩寄り」の手押し車(写真/上)が、押す人もいなくなったのか、風雨にさらされ、ぽつんと取り残されている。取り残されてはいるが、寂し気には見えない。「ここは俺の場所だ」と威風堂々と吾輩には見えるのだ。

 世界中のマンホールを研究した御仁がいる。かの有名な「路上観察学会」のメンバーでイラストレーター兼著述業の林丈二さんだ。林さんには尾道に確か3度お越し頂いたか。林さんが3度ということは、赤瀬川原平さんも尾道に3度以上お越しいただいたということだ。
 幸運にも、吾輩はこのお二人と尾道を徘徊し、見立ての達人の極意を目の当たりにした。以来、尾道が今まで以上に面白く見えてきた。面白いということは、見えないものが見えてくるということだ。無機質な「もの」も、吾輩に語りかけてくる。語りかけてくるので、「もの」は単なる「もの」ではなくなった。
 このマンホール(写真/中)もその一つ。林さんによれば、これは初めてみる「形」だとか。尾道のとある路地にあったものだが、不思議なことに、マンホールの権威者の御墨付きとなると、これまた妙に気になるものだニャン。

 これ(写真/下)は猫道?! ではない。それでは何だ?といわれると、勿体なくて即座には答えたくない。この道は千光寺山(大宝山)や西國寺山(愛宕山)では見かけるけれど、浄土寺山(瑠璃山)にはあまりない。さて、さて何だろうか。
 答えは「おのみちグルメマップ」(1992年版)に書かれているのだが、もう手に入れることは不可能に近いだろう。「おせいちゃらん(=教えてやらない)」と云ってがんぼう(=いじわる)するのも楽しいが、吾輩は由緒正しき猫である。猫の世界では、血筋が良いということは、清廉潔白、私利私欲には走らずという意味だと云われている。
 そんなわけで、少々勿体ない気もするが、お教えするとしよう。現代芸術家であり作家の赤瀬川原平さんも感心したというこの道は、獣道ならぬ「バイク道」なのだ。山の上まで重い荷物を担いでいくには、ちと一苦労。どこにも智恵者がいるもので、「それならバイクで」と考えた人がいた!!モトクロスのバイクというわけには行かないが、何とかバイクで石段が登れるようにと、考案されたのが、このバイク道というわけだ。それにしても相当のテクニックが必要だニャン。


バックリンク(9) 参照(8647)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by