トップホッと瓦版 > なかたミュージアムコンサート2007

なかたミュージアムコンサート2007

武久源造率いるアンサンブルが美術館の空間に美しい音色を...。
なかたミュージアムコンサート2007
なかたミュージアムコンサート2007
なかたミュージアムコンサート2007
ホッと瓦版関連ページ
村上選油絵展 リサイタル おいしい尾道キャンペーン第二弾 ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館 リサイタル 尾道市立美術館 おのみちイべント案内 ゼセッション倶楽部 コンサート 萩原麻未ピアノリサイタル ベヒシュタインピアノ・リサイタル sea) フォルテピアノ・レクチャーコンサート 尾道関連イベント情報 なかた美術館 平山郁夫美術館 「谷川俊太郎&谷川賢作」 おのみちホッとコンサート マリア・フォシュストローム アルト・リサイタル 第36回地中海学会大会 鈴木秀美のガットサロンin尾道 Live 「上海青島旅ポス」マチ写展 渡辺貞夫クインテット2012 佐藤アキラ写真展in尾道(1) 音語り「東京物語」 ヴェンダース写真展−尾道への旅− 尾道大学石像彫刻展 伊藤憲孝ピアノ・リサイタル 砂曼陀羅と秘仏特別開帳 尾道薪能 ヨットで日本一周の夢 尾道への旅 映画「かもめ食堂」 尾道 「太陽の黙示録」のかわぐちかいじ チェロ・コンサート 平成の平山郁夫 展 深川和美の童謡サロン・コンサート 「吉川よしひろ」CELLO・DINNER・CONCERT 吉川よしひろの世界 佐藤アキラ写真展in尾道(2) なかたミュージアムコンサート2007 ボーシャン展 なかたミュージアム・コンサートvol.3 Ky 第二回尾道大学石像彫刻展 ニッケルハルパとチェンバロ 「我等、尾道派−東京の集い−」 二つのギャラリー展 二つのアート・コム T 「おのみちアート・コムin東京」報告書U なかたミュージアム・コンサート2008/04 第17回『尾道薪能』 音楽物語「わが心の大正ロマン」 「こどもの本の世界」展 尾道・西國寺観月能 第三回尾道大学石像彫刻展 小林和作「天地豊麗」展 ケビン・コスイナーの「マチ写」展 第2回尾道・西國寺観月能 麦人の朗読会「父と暮らせば」 琵琶百物語 文楽人形(吉田勘緑) 圓鍔勝三彫刻美術館 耕三寺博物館 麦人の朗読会「父と暮らせば」のコピー ウィーン セレナーデ 2006 作陶展 かわぐちかいじ漫画賞受賞祝賀会レポート 砂曼陀羅の続報 武久源造さんのNHKラジオ出演 ジャズユニット<パリャーソ> 武久源造スペシャル 佐藤アキラ写真展 武久源造(チェンバロ)ディナー・コンサート 幻の都 かわぐちかいじ小学館漫画賞受賞祝賀会 能への誘い 山本潤子アコースティックコンサート2006

ENSEMBLE DINNER CONCERT

2007年6月19日(火)、20日(水)

なかた美術館でまたまた贅沢なコンサートが企画されている。チェンバロ、第一、第二バロックヴァイオリン、ヴィオラ、チェロにフルートの6名編成のアンサンブル。しかもディナー付きコンサート(40名/日)かコンサートだけ(20名/日)かのチョイスできる。

●演奏曲目●
(6月19日)
パッヘルベル:カノン
バッハ:チェンバロ協奏曲 第3番 ニ長調
シュメルツァ:ソナタ ヘ長調
チェンバロ・ソロ  クープラン:「ティクトクショク」など他

(6月20日)
パッヘルベル:カノン
バッハ:ブランデンブルク協奏曲 第5番 ニ長調
バッハ:管弦楽組曲 第2番 ロ短調より
ビーバー:描写ソナタ
チェンバロ・ソロ  ラモー:「雌鳥」など


●開場●17:30 ディナー18:00〜 コンサート19:30〜第1部(45分)、第二部(45分)

●チケット1●
ディナーコンサート10,000円(ソフトドリンク付)*フリーアルコール1,500円別途追加
●チケット2●
コンサートのみ3,000円(前売券)

*お申し込み、お問い合わせは
tel 0848-20-1220(なかた美術館)


●武久源造(たけひさ げんぞう/写真上)チェンバロ 東京芸術大学音楽学部楽理科卒業後、東京芸術大学大学院を修了。チェンバロ、オルガン、ピアノなど各種鍵盤楽器を駆使して、中世から現代まで幅広いジャンルにわたり、さまざまなレパートリーを持つ。86年からは作曲、編曲作品を発表。91年から数々のCDをリリース。シリーズ「鍵盤音楽の領域 vol.1〜 vol.6」とオルガン作品集「最愛のイエスよ」、チェンバロ作品集「恋するウグイス」「ゴールトベルク変奏曲」、J.S.バッハ「オルガン曲集 vol.1」および「オルガンの銘器を訪ねて」は、「レコード芸術」誌の特選盤となる。現在、フェリス女学院大学音楽学部器楽科講師。 ●桐山建志(きりやま たけし/写真中)バロックヴァイオリン 東京芸術大学を経て同大学院修了。1998年フランクフルト音楽大学卒業。第12回日本古楽コンクール第1位。同時に第10回栃木「蔵の街」音楽祭賞受賞。1999年ブルージュ国際古楽コンクールソロ部門第1位。現在、「コンヴェルスム・ムジクム」の他、「オーケストラ・シンポシオン」コンサートマスター、「エルデーディ弦楽四重奏団」ヴィオラ奏者。バロックアンサンブル「LaFete Galante 雅なる宴」メンバーとして活躍。2000年秋、初ソロCD「シャコンヌ」をリリース、レコード芸術誌の特選盤となる。フェリス女学院大学音楽学部器楽科講師。 ●大西律子(おおにし りつこ/写真下)バロックヴァイオリン 国立音楽大学卒業。諏訪晶子氏に師事。ケルンにてW.Neuhaus氏に、ミュンヘンにてR.Hellmann氏に師事。故井形景紀氏主宰のマタイ研究会オーケストラのコンサートマスターを大学在学中から務めた。1996年の秋にオーケストラ・シンポシオンに参加したのをきっかけに、オリジナル楽器を始め、渡邊慶子氏に師事。2000年、第14回古楽コンクール第3位。現在、「コンヴェルスム・ムジクム」の他、「オーケストラ・シンポシオン」第2ヴァイオリン首席奏者、「カンタータ・ムジカTokyo」コンサートマスターなど、古楽、モダンを問わず活動している。 ●上田美佐子(うえだ みさこ)ヴィオラ 武蔵野音楽大学 器楽学科ヴィオラ科終了。ウールリッヒ・コッホ氏、磯良男氏に師事。 室内楽、オーケストラで活動を続ける他、古楽に興味をもちバロックヴァイオリンを若松夏美氏、バロックヴィオラを寺神戸亮氏に師事。ウルビーノ古楽音楽祭でSutefano Montanari氏に師事。現在オーケストラ・シンポシオン、MOG、アンサンブル・デュファイ、アントルメ、アンサンブル雲水のメンバー。 ●十代田光子(そしろだ みつこ)チェロ 3歳よりピアノ、14歳よりチェロを始める。1984年、武蔵野音楽大学卒業。1986年、桐朋学園大学研究科2年修了。チェロを勝田聡一、三木敬之、清水勝男、木越洋の各氏にバロックチェロを鈴木秀美氏に師事。また室内楽を原田幸一郎、数住岸子、安田謙一郎、山崎伸子の各氏に師事。1987年、スイスのローザンヌミュージックアカデミーに於いてダヴィッド・ゲリンガス氏に指示した。1988年よりオーケストラアンサンブル金沢のメンバーとなり、以後12年間在籍し、副主席奏者を努めた。その後、バロックチェロを鈴木秀美氏に指示し、現在はソロ、室内楽、オーケストラを中心に、モダンチェロ、バロックチェロ奏者として活動している。 ●砂山佳美(すなやま よしみ)フルート 東京芸術大学音楽学部器楽科フルート専攻卒業。リサイタル,室内楽,オーケストラとの共演などで活躍。作陽音楽大学,徳島文理大学音楽学部,高松第一高校等で後進の指導にあたる。フルートを安達雅彦、野口博司、金昌国各氏に、トラヴェルソを前田りり子氏に師事。現在,高松第一高校音楽科講師。



バックリンク(13) 参照(6851)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by