トップホッと瓦版 > なかたミュージアム・コンサート2008/04

なかたミュージアム・コンサート2008/04

ミュージアム・コンサート「チェンバロとヴァイオリンの調べ」
なかたミュージアム・コンサート2008/04
なかたミュージアム・コンサート2008/04
なかたミュージアム・コンサート2008/04
ホッと瓦版関連ページ
村上選油絵展 リサイタル おいしい尾道キャンペーン第二弾 ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館 リサイタル 尾道市立美術館 おのみちイべント案内 ゼセッション倶楽部 コンサート 萩原麻未ピアノリサイタル ベヒシュタインピアノ・リサイタル sea) フォルテピアノ・レクチャーコンサート 尾道関連イベント情報 なかた美術館 平山郁夫美術館 「谷川俊太郎&谷川賢作」 おのみちホッとコンサート マリア・フォシュストローム アルト・リサイタル 第36回地中海学会大会 鈴木秀美のガットサロンin尾道 Live 「上海青島旅ポス」マチ写展 渡辺貞夫クインテット2012 佐藤アキラ写真展in尾道(1) 音語り「東京物語」 ヴェンダース写真展−尾道への旅− 尾道大学石像彫刻展 伊藤憲孝ピアノ・リサイタル 砂曼陀羅と秘仏特別開帳 尾道薪能 ヨットで日本一周の夢 尾道への旅 映画「かもめ食堂」 尾道 「太陽の黙示録」のかわぐちかいじ チェロ・コンサート 平成の平山郁夫 展 深川和美の童謡サロン・コンサート 「吉川よしひろ」CELLO・DINNER・CONCERT 吉川よしひろの世界 佐藤アキラ写真展in尾道(2) なかたミュージアムコンサート2007 ボーシャン展 なかたミュージアム・コンサートvol.3 Ky 第二回尾道大学石像彫刻展 ニッケルハルパとチェンバロ 「我等、尾道派−東京の集い−」 二つのギャラリー展 二つのアート・コム T 「おのみちアート・コムin東京」報告書U なかたミュージアム・コンサート2008/04 第17回『尾道薪能』 音楽物語「わが心の大正ロマン」 「こどもの本の世界」展 尾道・西國寺観月能 第三回尾道大学石像彫刻展 小林和作「天地豊麗」展 ケビン・コスイナーの「マチ写」展 第2回尾道・西國寺観月能 麦人の朗読会「父と暮らせば」 琵琶百物語 文楽人形(吉田勘緑) 圓鍔勝三彫刻美術館 耕三寺博物館 麦人の朗読会「父と暮らせば」のコピー ウィーン セレナーデ 2006 作陶展 かわぐちかいじ漫画賞受賞祝賀会レポート 砂曼陀羅の続報 武久源造さんのNHKラジオ出演 ジャズユニット<パリャーソ> 武久源造スペシャル 佐藤アキラ写真展 武久源造(チェンバロ)ディナー・コンサート 幻の都 かわぐちかいじ小学館漫画賞受賞祝賀会 能への誘い 山本潤子アコースティックコンサート2006

 昨年10月になかた美術館にチェンバロ(久保田彰チェンバロ工房製作/写真上)が設置されて以来、早くも4回目のチェンバロを使用したコンサートが計画されている。
 第一回目は昨年10月のスエーデンの音楽家アンドレアス・エードルンドと民族楽器ニッケルハルパの第一人者トービヨルン・ネスボム、第二回目は今年の1月に行われた日本を代表するチェンバロの名手・武久源造(東京在住)とヴァイオリンの大西律子のコンサートであった。
 そして、第三回目以降、なかた美術館は、美しい音色を奏でるチェンバロという古楽器を多くの市民が楽しめるようにと、2月を皮切りに、広島在住のチェンバロ奏者・小田郁枝さんを招き、二ヶ月おきの第四日曜日にチェンバロのコンサートを計画している。ちなみに6月22日はチェンバロとソプラノの共演を予定している。
 2月のコンサートでは120名という想定以上の参加者が詰め掛けため、4月27日(日)午後3時より開演のコンサート以降はゆったりと楽しんでいただけるようにと、先着80名と限定した。

 『チェンバロとヴァイオリンの調べ』

[日時] 2008年4月27日(日)
   開場14:30 開演15:00 終演16:00予定
[場所]なかた美術館 第1展示室
[料金]1,000円
   (*コンサート終了後に美術館も拝観可)
[定員] 80名

演奏曲目
モーツァルト「メヌエット」
ボッケリーニ「メヌエット」
タルティーニ「悪魔のトリル」
コレッリ  「ソナタへ長調」
など

演奏者プロフィール

小田 郁枝(おだ いくえ/チェンバロ)
広島市出身。エリザベト音楽大学器楽科ピアノコース卒業の後、桐朋学園大学古楽器科チェンバロ専攻卒業。
東京での「チェンバロ・デュオ・コンサート」をはじめ、広島県立美術館、ひろしま美術館など各地で開かれたコンサートで演奏。
島根大学教育学部非常勤講師を経て、現在日本女子大学児童科通信教育課程講師。

田代 直子(たしろ なおこ/ヴァイオリン)
桐朋学園大学卒業。同研究科修了。フランクフルト音楽大学在学中、ヘッセン州放送交響楽団客演。ドイツ・アルテオーパーにて、大学主催のリサイタル、ギリシャ(テサロニキ)交響楽団との共演などの演奏活動。帰国後、北九州、広島でのリサイタルの他、ウィーン音楽大学教授エイドリアン・コックス氏と共演。広島被爆60周年記念事業、市民アートフェスティバルにてリサイタル。広島交響楽団客演。

お問い合わせ・お申し込みは
tel. 0848-20-1218
 

バックリンク(7) 参照(3048)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by