トップ尾道見聞録 > なかた美術館第一・第二展示室

なかた美術館第一・第二展示室

ポール・アイズピリの油彩の大作がズラリ...。
なかた美術館第一・第二展示室
なかた美術館第一・第二展示室
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 なかた美術館の創設者、故・中田貞雄氏の代表的コレクションの一つがフランスの現代画家ポール・サイズピリの作品群だ。
 『絵を描くなかで人生を謳歌したい』という言葉通り、軽快なタッチと鮮やか色彩で多くの人々を魅了するアイズピリの全国的にも珍しい油彩のコレクションの数々をご覧いただける。
 ここでは、吾輩がなかた美術館のご了解を得て撮影した油彩の各部分をお見せすることにしよう。



ポール・アイズピリの略歴
1919年 パリで生まれる。ブール象眼学校に入学後、絵画を志し、パリ美術学校に転校、サバテの指導を受ける。
1939年 徴兵され、第二次世界大戦でドイツ軍の捕虜となったが脱走。
1945年フランス解放後「青年絵画展」(サロン・ド・ジューヌ・パンテュール)の創立会員となる。
1946年青年絵画展で三等賞受賞。
1951年ヴェニス、ビエンナーレでプリ・ナショナル賞受賞。
1952年アテネ美術館(ジュネーブ) にて個展。
1954年ギャルリー・ぺトリデス(パリ)にて個展。
1956年ウィルデンシュタイン・ギャラリー(ニューヨーク)にて個展。
1959年オハナ・ギャラリー(ロンドン)、アコスタ・ギャラリー(ロサンジェルス)にて個展。
1963年第2回国際形象展(東京・大阪)参加、以後毎回同展出品。ギャルリー・ロマネ(パリ)で個展。
1969年ギャルリーためなが(パリ)にて個展、以降隔年開催。
1972年ギャルリー・バトー・イーブル(ブリュッセル)にて個展。
1974年ギャルリー・デュカステル(アヴィニヨン)にて個展。
1984年エスパース・カルダン(パリ)で大回顧展。
1985年シャトードヴァル(フランス)にて個展。1986年珍画廊(ソウル)にて個展。
1990年ギャルリーためなが(N.Y)で個展。
1994年ゲタリー美術館(フランス)にて個展。
1996年サルラ市(フランス)にて個展。2000年ヴァクイユ城(フランス)にて個展。
2004年なかた美術館にて個展。

パリ画壇の具象系派ポピュラー作家の一人。パリ作品は、ルーマン美術館、アルビ美術館、キャストゥル美術館、ヒアレン美術館などに収蔵されている。 軽快なタッチと、鮮やかな色彩を好み、静物、風景、人物などのリトグラフで親しまれている。



<利用案内>
●開館時間/09:00〜17:30(入館は17:00まで)
●休館日/ 毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
*夏季・年末年始、展示替え日
●入館料/一 般500(300)円・学生 100 円
※()内は20名以上の団体、高齢者、身体障害者各手帳を提示の際の割引料金


バックリンク(8) 参照(3640)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by