トップ尾道見聞録 > にぎり佛

にぎり佛

世界に一つしかない「にぎり佛」(にぎりぼとけ)の誕生まで。
にぎり佛
にぎり佛
にぎり佛
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店


 尾道七佛めぐりの一つ、浄土宗持光寺(平安の時代に天台宗の寺として草創された)には国宝・絹本着色「普賢延命像」(1153)や江戸時代の女流画家・平田玉蘊の墓があることで知られているが、もうひとつ有名なのが「にぎり佛」だ。
 松岡昭禮(まつおかしょうれい)ご住職は、大の陶芸ファン。あるとき、ご住職が土に向かい作陶中、手に残った粘土が佛さまのお顔に見えた。これは一塊の土の中にも佛が宿っておられる証と思われ、寺内の「お庭窯」で焼かれたのが「にぎり佛」の始まりという。
 ということで、灯台下暗しで、恥ずかしながら「にぎり佛」づくりは、吾輩は今回が初めてのチャレンジであった。


「にぎり佛」誕生まで

(1)まず、粘土全体の長さの2/5くらいを佛さまの頭部として確認する。次に必ず左手で粘土の頭部の位置から下あたりをかるくつかむ。

(2)テーブル上に準備されている棒を粘土の下部から上に向け、ええ〜いと差込む。このとき差込み過ぎて粘土の上部に貫通させないように。

(3)右手で棒を掴み、粘土をつかんだ左手は親指と薬指が重なるように、「願いを込めて」しっかりと、グニューと握る。

(4)差込んだ棒を回しながら、ゆっくりと粘土から抜いて行く。棒を抜いた後、握りしめていた左手を離し、にぎった跡が変形しないよう軽く粘土をもち、底部を整える。

(5)ご住職が佛さまの正面を確認する。

(6)佛さまの耳をつくるため、頭部の両端を軽くつまみ出しながら形を整える。

(7)次に親指と人さし指で目のくぼみと鼻筋をつくる。吾輩の経験では、このとき煩悩滅除を歌いながら邪念を払い、無心で素直に指を動かすこと。

(8)いよいよ佛さまのご尊顔を描く。吾輩はヘラで優しいお顔を浮き出させた。最後に眉間に白毫(びゃくごう)をつけ入魂。写真/上が吾輩の「にぎり佛」だ。





老いも若きも幸せになる「にぎり佛」
 「にぎり佛」のお顔は、人それぞれ、猫それぞれに品格が現れる!!ものだと、皆で大笑い。不思議と作者の顔と「にぎり佛」のご尊顔が似ていることに、皆また爆笑!! 中には笑い転げるものも出て、佛の御利益を実感した次第。これぞまさしく体験学習とか生涯学習にぴったりの物件だニャン。
 一度でも世界に一つしかない「にぎり佛」を誕生させると、もうこれはハマってしまう。

 作られた「にぎり佛」は「お庭窯」で焼かれ、持光寺の本尊 五却思惟の阿弥陀如来の御前で、お香を頂き、作者の手元に送られてくる。
 ここでちょっとしたアドバイスを。粘土から「にぎり佛」に生まれ変わられるとき、ちょっとばかりスリムになってこの世に姿を現わされる、ということを念頭に入れ「にぎり佛」づくりにあたるとよい。

 *にぎり佛制作料 1,500円(送料240円は別)



バックリンク(14) 参照(3729)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by