トップ国内外見聞録 > ウィーンのお犬様

ウィーンのお犬様

「弱い犬ほどよく吠える」ということは、ウィーンの犬は強いんだ...。
ウィーンのお犬様
ウィーンのお犬様
ウィーンのお犬様
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 居るわ、居るわ。どうしてこんなに犬が居るのだ?! ウィーンの街を歩いていると、至るところ犬を見かけるのだ。それが借りた猫のように大人しい。
 大人しいということは、腑抜けの犬か、はたまた強くて賢い犬なのか。猫である吾輩にはちっとも興味のないところだが...。
 ともかくも、そんなわけで、犬たちは主人と一緒に地下鉄にも乗れるのだ。車両には「犬には首輪にヒモをつけろ!」と書いてあるように思えるのだが(左の写真/下)。
 それにしても吾が猫族を見かけることは殆どない。吾輩が想像するに、ハプスブルク帝国の都ウィーンなんだから、まず野良ニャンはいない。ウィーンの猫族は犬と違って、特に品があり神経細やかな筈。きっと長年の貴族然とした生活が身に着いて、外出控え目なのではなかろうか。
 ところで、猫が居る街は住み易いというのが定説であるが、犬が居るこのウィーンも不思議と住み易いのだ。
 かつてハプスブルグ家が栄華を誇った世界の中心都市だっただけに、ほのかな優美さがこの街の隅々まで浸透しているんだニャン。その影響なのか、犬までいかにも「吾輩は由緒正しき犬」であると云っているようだ。
 音楽を愛し、絵画を愛するこの街では、路上パフォーマンスはクラシックだし、美術館に入れば、ゆったりとレンブラントやフェルメールと対面できるし、お茶やおアルコールまでも楽しめる。
 ところで、こんな絵が日本に来れば、「猫も杓子も..」という言葉通りで、絵は見えなくて人の頭ばかり..という光景が想像されるのだが、間違いではないだろう。豊かさとは日常の中にあるものだニャン。
(下の写真の上にアイコンを置くと説明文が出ます。)






バックリンク(8) 参照(2819)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by