トップ国内外見聞録 > ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番)

ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番)

中国の中のイスラム圏ウイグル地区、異文化の混在する中国は驚くほど広い。
ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番)
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 2001年10月18日午前10時20分、中国西北航空で関西国際空港を飛び立ち、西安を経由し、烏魯木斉(ウルムチ)に到着したのが現地時間の午後6時50分だった。
 今回の中国ツアーは、かつては天山山脈のオアシスといわれ、ウイグル語で「美しい牧場」という意味をもつ烏魯木斉から、天山山脈の東端にあり異国情緒漂う砂漠の中のオアシス吐魯番(トルファン)を経て、夜行列車で敦煌へ向かうというルートをとった。ちょうど半年前に西安から敦煌に入る予定が、砂嵐のため、西安滞在を余儀無くされ、敦煌に行けなかった。それでルートを変えての再度のチャレンジというわけだ。
 このとき世界はアフガニスタン紛争の真只中で、イスラム圏へ入ることが懸念されていた時期だった。だが、実際にはこの地は世界の緊張とは無縁に、古のロマンを漂わせ、素晴らしく魅力的なところであった。

 道路沿いに点在するパオが、モンゴルに近いことを感じさせる。しばらく進むと、やがて鮮やかな黄色が目に飛び込んできた。目を見張る紅葉のポプラ並木だ。
 この道を抜け、吾輩たちはやがて標高2,000mにある神秘の湖『天池(テンチ)』に到着した。寒さを堪えながら湖上遊覧を楽しんだ。遠方には、万年雪をたたえる天山山脈の主峰ボグダ峰を望む。
(*アイコンを写真の上に置くと、説明文が出るものもあります。)



 写真/左下は、天地にあった公衆トイレの木製ドア。あまりに立派で、おまけに菊の御紋(?)思わずパチリ。写真/右下は突如、道路にあふれた放牧羊にバスは立ち往生。



 トルファン(吐魯番)には遠く天山山脈からのカレーズが流れる。カレーズとはペルシャ語で地下水を意味する。この町に住む人々はウイグル族で、手織りの絨毯や葡萄の産地として有名で、果物も豊かだ。



 写真/下は西暦460年に高昌王国の都として築かれた高昌故城(こうしょうこじょう)の遺跡。628年頃には西遊記でお馴染みの玄奘三蔵も立ち寄ったと伝えられる。故城は一辺が約1.5kmの四方形で、土を固めて作った城壁に囲まれ、唐の時代には国際商業都市として栄えたという。記念写真に吾輩たちを載せて馬車を引いてくれたロバに感謝を込めてパチリ。
 なぜか、この故城には子供たちが大勢いて、カタコトの日本語でお土産を売っていた。





 吐魯番盆地の西に、二つの川に挟まれた巨大な高台にある交河故城(こうがこじょう)。この故城入口のお土産屋さんで、サービスに頂いた冷えた西瓜が実に美味しかったニャン。


 (2001年10月18日〜23日)


バックリンク(11) 参照(6163)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by