トップ国内外見聞録 > エストニア(その1)

エストニア(その1)

世界遺産の都市タリンで見つけたものは...。
エストニア(その1)
エストニア(その1)
エストニア(その1)
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 いつかは訪れてみたいと思っていたバルト三国。その一つエストニア共和国の首都タリンで最初に訪れた場所が『カドリオル公園』(写真/左)だ。

 これほど美しい空間があるのか、思わず目を見張った。目の前に広がる晩秋の美しい風景、この大気をすべて胸一杯吸い込みたい衝動に駆られた。
 気温は9〜10度で、冬の寒さだ。光が著しく変化し、風景の色彩を実に豊かに変化させていく。
 ロシアのピョ−トル大帝が妻・エカテリーナのために造営した宮殿と庭だという。カドリオルとは「エカテリーナの谷」という意味らしい。タリンの宝石を見たようだ。





 13世紀以来、デンマーク、ドイツ系騎士団、スウェーデン、ロシア帝国、ナチス・ドイツ、ソ連と多くの他国に支配されてきたエストニア。その歴史は、多岐にわたり多彩な影響を今に伝えている。
 1991年のソ連邦の崩壊により独立、共和国となったエストニアは、全人口140万人の小さな国だ。そして首都タリンには40万人が集中し、旧市街の歴史地区(世界遺産)を訪ね、観光客が年間500万人を超えるともいわれる。バルト三国では最も豊かな国だ。
 参考までに、バルト三国では通貨がすべて違うので、頭の中が大混乱だ。エストニアでは、エストニアクローン(1EEK=\9.49)、ラトビアは、ラット(1LVL=\211.18)、リトアニアではリタス(LTL=43.02)と呼び名もレートも全く異なる。おまけに日本円はまったく役に立たない。VISAなどのクレジットカード使用が普及しているので便利だが、現金主義というお方は米ドルかユーロを前もって準備していく必要がある。


バックリンク(8) 参照(2977)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by