トップぐるグルメ情報 > カサリンガ・ドゥターブル

カサリンガ・ドゥターブル

チーズ&ワインが楽しめるスパゲティハウス
カサリンガ・ドゥターブル
カサリンガ・ドゥターブル
カサリンガ・ドゥターブル

初めに『Casalinga(カサリンガ)』ありき
 尾道の商人(あきんど)はちょっと違う。「おいしいスパゲティを食べたいが、さりとて東京まで行くのは馬鹿らしい。いっそのこと店を作るか」ということで、今から19年前の1987年、土堂海岸通りからちょっと入った路地に「カサリンガ」が誕生した。当時は未だ路地の魅力を理解し、あえて路地に出店する商人は尾道にはいなかった。
 Casalingaとは、パスタの総称かと思いきや、実はイタリア語で「自家製の」という意味らしい。月刊誌エスクァイア(2000年8月号)にも紹介された、そのおいしさは、店内の壁や柱にとどまらず、天井までビッシリ書き込まれた落書きが物語っていた。そのなかには食通で知られる妹尾河童氏やなだ万の料理人・中村孝明氏のものも含まれていたが...。
 カサリンガの初代オーナーは、佐藤和則さん。彼は、1960〜70年代に一世風靡した、アメリカの名門大学生の風俗をとり上げた石津謙介が率いる『VAN』ブランドのアイビールックをいち早く尾道に紹介した『チェック』チェーンのオーナーだった。遊び心のある彼の感性は豊かで、常に一歩先を見据え、ほんものを求めチャレンジする夢多き人である。その後、クレープの専門店『ワンモア クレープ』も開店させ、尾道の若者たちを魅了してきたが、昨年の2005年、バッサリとカットアウトで、隠居してしまった。

そして『カサリンガ・ドゥターブル』の誕生
 おいしいスパゲティーを提供するため「客席を制限してでも、ゆったりと時間をかけて」というのが、佐藤和則さんの次男で原宿の「スパゴ」で4年半の厳しい修行を終えたマスターの流儀だ。マスターの名は佐藤公治さん。それだけにお客も時間と気持ちのゆとりをもって訪ねたい。
 2004年の春、公治さんは奥さんの三奈さんと二人で、初代『カサリンガ』の店舗をこれまたバッサリと全面改装し、新たに『カサリンガ・ドゥターブル』(Casalinga deux table)を誕生させた。新しいお店はスパゲティのおいしさだけでなく、チーズとワインも楽しめる路地の中のハイカラ食堂だ。巷では、この店を「土堂チーズ食堂」という。
 実は、全国でも珍しく夫婦揃って同時にソムリエ資格を取得し、三奈さんは更にチーズ・プロフェッショナルの資格も持つという実力派なのだ。
11時30分から15時00分の間のランチ・メニューには、2種類のコースがある。 吾輩が惚れ込んでいる「辛子明太子とナスとシメジのスパゲティ」(写真/中の下)を筆頭に6種類の中から選ぶ1,350円のコースと、この時期限定の牡蠣を使ったチリソース(写真/下の上)、ホワイトソース、ホ−レン草のカルピスバター醤油味のスパゲティと、たっぷりチーズのドリアの4種類(各々限定5名)の中から選べる1,750円のコースだ。いずれも前菜(写真/中の上)が付いている。
 前菜がこれまた実においしいのだ。カリッとした揚げレンコン、サーモン、チーズ、トマトにコーン、キューリなどなど、おおよそ10種類以上もあるかと思える野菜の食感の組み合わせが絶妙で、ついついニャ〜ゴと唸ってしまう。
 食後はお好みでコーヒーやデザート(写真/下の下:ジェラート)を追加注文し、余韻を楽しむのも良い。ちなみに、夜のディナーコースは2,500円、3,500円と5,000円(要予約)があり、ワインを飲みながらゆったり気分で『尾道の豊かさ』を味わってはいかがだろうか。

土堂1-9-10 ☎0848-23-4719 Pなし
営業時間:11:30〜15:00 17:30〜20:30
定休日/木曜日


大きな地図で見る

バックリンク(16) 参照(17463)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by