トップ > 030 まちづくりアーカイブ > スローフード広島in 尾道

スローフード広島in 尾道

五感で味わうグルメこそ、尾道のエスプリだ...。
スローフード広島in 尾道
スローフード広島in 尾道
スローフード広島in 尾道

 今年(2007年)の3月末頃だったか、「スローフード広島」事務局から尾道で食事会ができないかと打診があった。吾輩は、待ってましたとばかりにOKの即答をした。
 スローフードに相応しい条件は、スローライフな尾道だから充分に備わっている。その上、吾輩たちは今から数えて19年ばかり前(1988年)から約11年もの間、「グルメ海の印象派−おのみち−」という食文化イベントの中で、食談『我等、尾道派』を企画運営した実績を持つ。その経験から、吾輩たちは「グルメは五感で味わうもの」だと思っている。
 尾道には、古の人々から脈々と受け継がれてきた歴史があり、ゆるやかな時間が支配するすばらしい「寺」という空間がある。美しい庭がある。新鮮な食材とそれを心を込めて調理する料理人もいる。そしてスローフードを語り、スローライフの意味を熟知する僧侶もいる。
 というわけで、曼陀羅の権威者で大本山浄土寺の小林暢善住職にご相談したところ、『茶会席ほどスローフードに相応しいものはない』との回答。
 しかしながら、本格的な茶会席を行うには、時間も予算もスタッフも足りない。それでは茶会席風に行いましょうと、200年5月3日に十一人という少人数で濃密な食事会をすることとなった。
 以下、ほんのさわりをご披露することにしよう。
 まず、玉座のある方丈の間(写真左/下)で抹茶を頂きながら心豊かに庭を愛で、ご住職の案内に耳を傾けながら本堂、阿弥陀堂をめぐり、その後、庭に降り立ち、茶室「露滴庵」を拝観。



 ここまで来れば、夕暮れとともに心清らかに食事も味わえるというもの。客殿の「上の間」に移り、尾道の食材を使った心尽くしの鮮味「くにひろ」の料理を堪能しながら、談笑は過ぎ行く時を忘れさせた。
 ちなみにスローフードは郷土料理ということで、「くにひろ」のご主人からアナゴとほうれん草による「がせつ」(写真左/中)という尾道の郷土(家庭)料理を紹介いただいたが、恥ずかしいかな吾輩は知らなかった...。



 ほかに造りや豆ごはん、トマトまるごと使ったデザートなどあったのだが、またまた食べることに気を取られ、写真を撮るのを忘れてしまった。



バックリンク(11) 参照(4037)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by