トップ国内外見聞録 > ナポリからプローチダ島へ

ナポリからプローチダ島へ

信じられない美しさだ。パステルカラーの町並みは...。
ナポリからプローチダ島へ
ナポリからプローチダ島へ
ナポリからプローチダ島へ
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 2011年12月18日(日)、小雨の降る中、ホテルからタクシーでベヴェレッロ港に向かった。プローチダ島に行くのを楽しみにしていただけに、この雨は無情だ。タクシーはやがてプローチダ島行きだという港に着いた。
ところが、である。運転手君は何を勘違いしたか、我々を全く違う場所に降ろしてしまった。言葉が通じなかったわけではない。
 我々とは、吾輩と吾輩の娘、それに友人の画家の3名に、娘の友人でイタリア人のフランチェスカだ。そのフランチェスカが雨の中を尋ね歩いてくれ、やっとの思いで港内のシャトルバスを見つけた。タクシーに降ろされた場所から実に1kmぐらいは離れている場所にある、正式な桟橋にたどり着き、我々は安堵した。
 切符を買い、出港までの合間、我々は売店でエスプレッソやビールを飲み、時間を潰した。外は雷鳴と篠突く雨だ。少々ガッカリしていた吾輩たちだが、出港時間に近くなって、不思議なことに雨脚が緩やかになった。

 落雷混じりの冷たい雨が降るベヴェレッロ港をフェリーは出航した。十数分は経ったろうか。吾輩は客室に座っていたが、やがて雨は止み、外の空気を吸いたくなって、上階のデッキに昇った。目の前に遠く雪を冠ったヴェスヴィオ火山、左手にはナポリの街の全貌が姿を現している。右手の空はまだまだ黒い雲に覆われていた。
 イタリアでは「ナポリを見て死ね。」というらしいが、今のナポリはゴミが溢れている。20年来、ゴミ紛争が解決しないのだという。雲行きはまだ怪しいが、フェリーがベヴェレッロ港を離れるつれ、ヴェスヴィオ山やなだらかな丘の斜面にびっしりと並んだビル群を眺めていると、その言葉の真実みが伝わってくる。ナポリはやはり美しい。



フェリーでの旅は60分。その間、客室からデッキへの昇降を繰り返した。写真を撮るためだ。面白い恰好の船が来ればパチリ、雲の合間に光が射せばパチリという具合だ。そうこうしている内に、ナポリから最も近い島、しかも我々がその魅力に心躍らせていたプローチダ島が姿を現して来た。


続く  

バックリンク(10) 参照(5187)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by