トップ尾道見聞録 > プリミティブ・モアレ(その2)

プリミティブ・モアレ(その2)

虚業でもなく実業でもない、もう一つのお店が....
プリミティブ・モアレ(その2)
プリミティブ・モアレ(その2)
プリミティブ・モアレ(その2)
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

プリミティブ・モアレその(1)



 どう考えても、これは美術館だねェ。プリミティブ・モアレを訪ねるたびに吾輩は「これは新しい形態の現代美術館だ」と思うのだ。
 天井から吊るされた数々の絵ハガキは、尾道を舞台にした写真のモダンアート「ぴーもんがいた!!」の常設展示。
 所狭しと並ぶハーブティーは、頭の体操。色彩豊かなパッケージのデザインを見ているだけでも実に楽しいのだが、さらにその作品解説が面白い。
 「体内に蓄積した毒素を外に追い出したい人」向けの作品デトックスA.M.だとか、「心をあたため、身体も暖めたい時」の作品ハニー・ピーチ・ジンジャー、「忙しいデスクワークを終えた夜に」の作品トゥルー・ブルーベリーなどなど。
 ただ鑑賞するだけの人はそれで終わりだが、ハーブティーを買って飲んでみたいと思われる人には、学芸員のさらなる作品解説がことこまく受けられる。
 それだけでも興味深いが、精霊「ぴーもん」を捕獲し、飼い主になったひとには、ケータイやデジカメによる特殊撮影の直接指導も受けられる。
 アメリカのセレッシャル・シーズニング社のハーブティー、およそ50〜60種類もあるアイテムの効能を熟知している名誉学芸員こと店主の佐藤雅則さんは、今日もパソコンに向かっている。
 彼の経歴はこれまた面白い。あの有名な真珠の「ミキモト装身具」で、社長直属のシステム開発部署の地金担当エンジニアにして、ITのプロだった。
 そんな彼が尾道に帰ってきたのが1993年。あの頃といえば、尾道の路地に隠れ棲んでいた吾輩が、世の為ヒトの為、自らの由緒正しき素性「路地ニャン公」を明らかにした年に近いんだねぇ。

 何だかまた寄り道をしたようで、わけが判らなくなってしまった。エーッとそうか、パソコンに向かって彼は何をしているのか?!である。
 彼は4つのサイトを持つインターネット・コミュニティ<アパP>の発起人にして、デジタル世界でもっともアナログを極める達人でもあるのだ。ちなみに達人の運営するサイトの一日あたりのアクセス数は100,000回から300,000万回とか。吾輩のサイトのことを思えば、気が遠くなってしまう....トホホ。

 ところで、前から気にはなっていたのだが、プリミティブ モアレの店先にはいつも黒板が立て掛けられている。その黒板に描かれたニャン公とカエルのイラストとコピーの面白いこと。店主には無断で掲載することにした。





最後に一言。この店は、訪問者が見物も買物もできる空間であることは無論だが、店主のクリエイティブな神聖な職場であることをお忘れなく。



バックリンク(12) 参照(10568)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by