トップ国内外見聞録 > プローチダ島(その1)

プローチダ島(その1)

パステルカラーの町並みは...。
プローチダ島(その1)
プローチダ島(その1)
プローチダ島(その1)
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 2011年12月17日(土)14時発のフライトが遅れ、関西国際空港を15時20分に立つこととなった。ローマ空港に着いたのが現地時間の20時35分で、乗り継ぎの時間は十二分にあるはずのスケジュールだったが、いつの間にか慌ただしく時間だけが過ぎて行った。実は入国にも手間取ったのだ。
 日本と違って海外では行列の入国者のことなどお構いなしで、ひたすらマイペースでパスポートチェックをする国が多い。入念にチェックするために時間がかかるのであれば許せるが、どうみてもそうとは思えない。「入国させてやるのだから、おもむろにじっくり時間をかけて...」という訳ではないかも知れぬが、トロトロしていて腹立たしい。
 ここローマもその部類に属していた。二つの箇所でパスポートチェックをしていたのだが、相当待たせたあげく、行列も少なくなった頃を見計らったとでも思いたくなるような頃合いに、ようやく三つ目のチェックゲートを増やしたのだ。頭はカリカリ、『意味がわからない!』とはこのことだ。
 我々は心を鎮め、国内線に乗り継ぐため、大急ぎでナポリ行きの出発ゲートB14に向かった。こんなときの大きな空港はたまらなくくたびれる。重たいトランクを引きずりながら、足を棒にして5〜600mを小走りに、やっとの思いでついたのがフライト10分前だった。

 ホテルのベッドに横になれたのは12月17日の23時55分(日本時間18日午前7時55分)だから、尾道の家を出てから24時間くらい経っているのだと、時差ぼけも知らず、時間の流れを振り返っていた。AZ(アリタリア航空)でのナポリ入りは、正味のフライトが約14時間だったというのに....。

 今日は12月18日。メモ書きしたノートに目をやり、一人頭の中でぶつくさ言いながら思い出していたら、アッという間にナポリから一番近い島、吾輩たちがめざすプローチダ島のグランデ港についてしまった。
 グランデ港に上陸して、お目当てのコッリチェッラ地区の町並みを見ようとミニバスの1.1€のチケットを購入した。



 さて、ミニバスに乗ろうとキョロキョロあたりを見回したが、バス停もバスらしき車両もどこにもない。とにかく探してみるかと、それらしき場所に向かって歩いていった。同行のイタリア人フランチェスカが老婆に話かけ、何か聞いている。彼女曰く「何を言っているのか、さっぱり判らなかった。」どうやら、老婆の訛りがひどく北の生まれのフランチェスカには外国語のようだったらしい。
 そんなこんなで、やっとミニバスが来たので乗ろうとしたが、何とドライバー君が言うには「島中を巡るミニバスは故障で今日は動かない!!」。購入したバスチケットは記念の栞となった。

 諦めてタクシーを探しに港の桟橋に戻った。今度はタクシーは数台あったが、ドライバーがいない。待っていると、どこからともなくおもむろに先頭車両のドライバーが歩いてきた。漸く出発だ。

 5〜6分も走っただろうか、我々は城跡の入口で降ろされた。これから先は進入禁止だという。仕方が無い。それではと、デジカメを片手に路上観察を楽しみながら、急な坂道をテクテク登って行った。



 20分もあったら島を一周できるという小さな島の高台に城跡がある。この場所から見えるのが、我々が楽しみにしていたパステルカラーのコッリチェッラ地区の町並みだ。分厚い雲に覆われた空から、ときどき大陽が我々のために明るい日差し与えてくれる。実に美しい!!



続く  

バックリンク(9) 参照(4874)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by