トップ国内外見聞録 > ヘルシンキの雨

ヘルシンキの雨

FINAIRのストライキで、二転三転のフライト・スケジュールに.....。
ヘルシンキの雨
ヘルシンキの雨
ヘルシンキの雨
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 FIN AIRの欠航で予定より遅れること8時間、リトアニアのヴィリニュス空港からやっとの思いで、振り出しのヘルシンキ入りだった。
  夕食は、ヘルシンキの最高級ホテル・カンプ内にある、かつて日本大使館の料理長をしていた方が経営する寿司レストランだった。
 ホテルの入口には厳重なボディーチェックが行われていた。実は、EU主脳の会議がこのホテルで行われていたのだ。食事をするのにボディッチェックは初めての経験だった。
 久々の日本料理と日本酒を堪能し、上機嫌になったところでJTBのツアーコンダクターから話があった。「できる限りツアー全員が一緒に行動できるようにという前提で、航空会社と折衝している。あらゆる航空会社に当たり、明日、トルコ航空でイスタンブールでの帰国が確保できているが...」との提案だった。全員了解した。
 翌朝、全員がヘルシンキ空港に向かった。空港到着後、チェックインをするとき、初めて昨日までは運航する筈だったイスタンブール発成田行きの便が無情にも欠航になったと分かったのだ。全員、唖然とした。何故かイスタンブールで足留めはイヤだった。
 文句もでず、またホテルに引っ返すことに決まった。日本では考えられないことが、海外ではままおこり得るという事実を突き付けられたのだ。
 ラディソンSASプラザホテルに延泊することになった。FIN AIRのストライキ解決のメドは立たない。とにかく、フィンランドを出ようということになった。JTBの添乗員さんは前日から空港に詰めたまま、あらゆる航空会社と折衝していた。同じ立場にある吾輩ではあるが、仕事とは言え、大変な精神力と労力に脱帽した。
 吾輩たちは夕食に出た。二度目のヘルシンキではあったが、レストラン事情は詳しくない。そんなときは中華料理が一番だ。世界中でおいしくない中華料理店はあまり見かけないというのが通説だ。
 ガイドさんに教えられて、突風と雨にもかかわらず、ホテルからマーケット広場まで歩いた。やっと見つけた店は「好世界酒楼」。フィンランドらしいキャンドルの明かりの中で食べた広東料理はなかなか美味であった。



 午後8時、ホテルのロビーで再集合のメッセージがあった。添乗員さんの努力でやっとロンドン行きの航空券が手に入った。しかし、日本まで帰るにはロンドンに二日間滞在しなければ帰れないとのことだった。帰国は10月24日、仕方あるまいと覚悟した。が、吾輩にとっては大変なことになったのだ。
 実は2006年10月23日(月)は、吾輩が企画したコンサート本番の日なのだ。日本に居るわが友人達に電話やらメール慌ただしく、コンサート当日に「こうこうしかじか、吾輩は不在である。あとはヨロシク!」植木等ではないが、日本一の無責任男になると覚悟を決めざるを得なかった。
 気分を変えて、こうなったらロンドンをじっくり楽しもうとロンドン在住の友人に無理を頼んだ。同行のみんなもその気になった。ロンドン観光を楽しもうではないか。

 翌日の早朝、電話が入った。「ロンドン行き中止! フィンランド航空のストライキが解決し、名古屋に帰れることになりました!!」嬉しいやら悲しいやら複雑な思いだった。ロンドン観光がなくなったのだ。
 そんなわけで、夕刻出発の名古屋セントレア行きのフライト時間まで、ヘルシンキの街を迷いながら散策したのだ。そのとき偶然、写真の戦車と出会ったという次第。話が大変長くなってしまった。トホホ....



 後日談ではあるが、航空会社のストライキは3日間がリミットらしい。それ以上長引くと保証問題などで会社が倒産するという。但しその真偽はわからない。 
 ひとつだけハッキリしているのは、旅行保険に加入していた場合、ストライキなど不測の事態には、契約期間が72時間自動延長されるということだ。海外旅行では、個人旅行は別として、前後ゆったりとしたスケジュールで計画し、必ず海外旅行保険を掛けるのが得策だニャン。

*写真の上にアイコンを置くと説明文が出ます。


バックリンク(10) 参照(3482)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by