トップ国内外見聞録 > ボラボラ島(1)

ボラボラ島(1)

フランス領タヒチ島から北西約240km。吾輩はついにボラボラ島に..。
ボラボラ島(1)
ボラボラ島(1)
ボラボラ島(1)
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 わが故郷・尾道を発って、もう20時間くらいは経つのだろうか。ようやく目的の地・モツムチというボラボラ島の空港に着いたのだ。
 ほどよい疲れを通り越した身体をシャキッとさせ、タラップを降りた。途端に信じがたい形状の山が目に飛び込んできた。まるで身震いしそうな神秘的な山の島が吾輩の目の前に聳えているのだ。(写真左/上)

 関西空港からエールフランス機に乗り、フランス領ポリネシアの中で最大の島、タヒチ島の国際空港パペーテまで、9,500kmを11時間40分という途方もないロング・フライト。頭からシッポの先までガチガチに固まってしまったみたいだ。
 タヒチ島と云えば、地球儀をオーストラリアから左に回して、ニューカレドニア、フィージー諸島とトンガを越えてサモア諸島。サモアといえば、あの有名な「パパラギ」が連想され、酋長ツイアビが出てきそうだねぇ。
 それからもっと東へ...と、やっとタヒチを発見。南大平洋のど真ん中にその小さな島々が書き込まれている。

 脇道にそれたが、これは避け難い吾輩の習性なのでお許し願いたい。
 パペーテから双発機に乗り、モツムチという飛行場だけがある島に着いて、そこから本島のバイタベの港まで船で15分。港には専用のバスが待っていた。



 このバスは日本ではお目にかかれぬ代物で、椅子は公園のベンチのような木製で、板バネのスプリングのクッションは極めて悪い。吾輩は、あの神秘的な山の頂き(写真左/中)に目を奪われたまま、15分揺られ揺られて、終点のクラブメッド・バカンス村に着いた。
 クラブメッド(地中海クラブ)のバカンス村のプライベートビーチでは、美しい海に向かって長い桟橋が突き出ていた。(写真/上)

 バカンス村には有能な日本人女性スタッフが3人いたが、彼女達は英語にフランス語も堪能のようだ。またこの村のスタッフは村長を筆頭に皆さん笑顔を絶やさず、宿泊客の日常の世話から夜のエンターテイメント(ミュージカルまでスタッフが演ずるのだ!)までオールマイティーで活躍する。彼等のサービス精神には脱帽せざるを得ない。
 さ〜て、バカンス村には、ほかにこんな住民も居る。彼等の顔は実にのどかではないか。昔、<いいちこ>のポスターにあった「リゾートとは、何もしないこと」というコピーを実感するのだニャン。


 バカンス村の浜辺に横たわり、悠々と流れ行く雲たちや暮れゆく空が茜色に染まって行くのをジーと眺めたりしていると、一日という時間の豊かさを改めて発見するのだ。



 レンタカーを借りて、ボラボラ島を一周することにした。周囲約32kmだから、一時間もあればぐるりと廻ってしまう。可愛らしいフランス・フィアット製の玩具のような車で、さあ出発だ!!
(上下の写真の上にアイコンを置くと説明がでます。)



バックリンク(9) 参照(3456)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by