トップ国内外見聞録 > マテーラ(その2)

マテーラ(その2)

これがサッシ地区か、と眼前の光景を感慨深く...。
マテーラ(その2)
マテーラ(その2)
マテーラ(その2)
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

オフシーズンのこの時期に、ナポリから一泊二日でマテーラに行くには、どうしたらよいか。地球の歩き方やネットで交通事情を調べたが、うまく行かない。結局JTBヨーロッパの現地情報で、列車でフェランディーナへ行き、マテーラ行きのバスに乗り換え、帰路はバスでフェランディーナへ行き、ナポリ行きのバスに乗り換えるのが一番都合が良いとわかった。

フェランデーナからバスで約30分、2011年12月19日(月)の午後2時にマテーラ中央駅に着いた。駅に着いたのはいいが、イメージとは全く違っていた。鉄道の駅だと思っていたからだ。鉄道駅だったら、タクシーの1台、2台はいるだろうと高をくくっていたのだ。
鉄道の駅舎らしきものは見当たらない。さて、ホテルはどこにあるのか。どうにかしてタクシーを捕まえなければと、三人がキョロキョロして見たがわからない。通りすがりの人に聞いてみたら、TAXIベイのようなポールがあり、それに付いている電話機で呼ぶらしいとわかったが、あいにく電話は繋がらない。壊れているらしい。困ったと思っていたら、離れたところに公衆電話があるのに気付いた。いさんで公衆電話に行ったものの、電話がうまく繋がらない。ダメだ。どうするか、と考えてみると、簡単な答えが浮かんだ。携帯電話でホテルに電話してタクシーを回してもらえばいいのだ。異国に居ると、単純なことがわからなくなる。
10分も待たない内にタクシーが迎えに来た。タクシーに乗りホッとするのも束の間、車はマテーラからどんどん離れた郊外を走っていく。高速で20分くらいは走ったのではないか。「ヒルトン・ガーデン・イン・マテーラ」というホテルは、世界遺産のサッシ地区から随分遠く離れたところにあったのだ。これには参った。

午後3時、再びホテルにタクシーを呼び、目的の世界遺産のマテーラに向かった。前日のパステルカラーのプローチダ島とはまったく異なったマテーラのサッシ地区に圧倒された。道路も建物もすべて同色の石で造られている。


サンタ・マリア・デ・イドリス教会からブラブラ1時間半も歩いただろうか、いつの間にか、静寂と寒さの中でどんどん周りが暗くなっていった。そろそろサッシ(洞窟住居)地区から抜け出し新市街地に行こうと思ったが、どの道を進んだら抜けるのか全くわからない。ドウオーモに向かえばわかるかも知れないと上に上にと昇って行ったが、道に迷ってしまった。
人影の少ない遺跡の中で何とも心細い思いをしながら、ぐっとこらえて歩いていたら不思議に新市街地に出ることができた。

夕食のレストランと決め込んでいた「ダ・マリオ」の場所を確認し、開店までの二時間半をどうするか、考えた。結局、お菓子屋さんでお茶を飲み、体を温め、クリスマス色の町を寒さに震えながら散策した。マテーラの中心市街地は陸の孤島というイメージとは全く異なり、落ち着きがあり、シャレていて町並みが奇麗だった。
寒さと空腹で八時前ではあったが、店に行くと運良く店を開けてくださった。(デジカメで撮るのを完全に忘れ)おいしい料理を食しワインを楽しみ、機嫌良くタクシーでホテルに帰った。

翌日、ホテルのフロントが気を利かせ、観光タクシーを呼んでくれた。今度はサッシ地区に北側から入り、昨日とは違ったサッシの顔を見せてくれた。それにしても、案内は片言の英語でもなく、純粋のマテーラ訛りのイタリア語だ。我々はほとんど何を言っているのかわからない。犠牲者は吾が娘で、彼女に運転手君の熱心なイタリア語ガイドの聞き役を任せ、吾輩と友人の画家は好き勝手に興味ある風景や建物を楽しんだ。


サッシ地区の見学を終え、タクシーは昨日降り立った場所に吾々を案内した。フレンディーナ行きのバスは30分後ということで、チケットを購入してあたりをウロウロしていたが、トイレに行きたくなった。キョロキョロしたが、トイレらしきものはない。娘がチケット売り場で尋ねると、鍵を渡してくれたという。どうやらトイレは地下にあるらしい。
トコトコ地下に通じる階段を下りて、びっくりした。地下は鉄道のプラットホームだった。マテーラ中央駅は地上がバスターミナルで地下が鉄道駅なのだ。それにしても鉄道駅のプラットホームは本当に列車が走ってくるのか、疑わしいほどガラ〜ンとしていて寂しい。


フェランディー駅では売店の女性と再会、片言の世界語で談笑した。今日の昼食は、3分間待つのだぞのインスタントパスタとサンドイッチ、そしてコーラ。
出発時刻の午後2時少し前に売店を出て駅舎の前に立っていると、数分後にナポリ行きのプルマン(長距離バス)が来た。
イタリアは道路事情が良い。高速道路沿いの町のバス停留所に数カ所止まりながら約三時間でナポリ駅前に着いた。


バックリンク(5) 参照(3202)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by