トップホッと瓦版 > ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館

ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館

展覧会とコンサート、さらに感動的な瀬戸内の風景を楽しめる...。
ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館
ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館
ホッと瓦版関連ページ
村上選油絵展 リサイタル おいしい尾道キャンペーン第二弾 おいしい尾道キャンペーン ミュージアム・コンサートin尾道市立美術館 リサイタル 尾道市立美術館 おのみちイべント案内 ゼセッション倶楽部 コンサート 萩原麻未ピアノリサイタル ベヒシュタインピアノ・リサイタル sea) フォルテピアノ・レクチャーコンサート 尾道関連イベント情報 なかた美術館 平山郁夫美術館 「谷川俊太郎&谷川賢作」 おのみちホッとコンサート マリア・フォシュストローム アルト・リサイタル 第36回地中海学会大会 鈴木秀美のガットサロンin尾道 Live 「上海青島旅ポス」マチ写展 渡辺貞夫クインテット2012 佐藤アキラ写真展in尾道(1) 音語り「東京物語」 ヴェンダース写真展−尾道への旅− 尾道大学石像彫刻展 伊藤憲孝ピアノ・リサイタル 砂曼陀羅と秘仏特別開帳 尾道薪能 ヨットで日本一周の夢 尾道への旅 映画「かもめ食堂」 尾道 「太陽の黙示録」のかわぐちかいじ チェロ・コンサート 平成の平山郁夫 展 深川和美の童謡サロン・コンサート 「吉川よしひろ」CELLO・DINNER・CONCERT 吉川よしひろの世界 佐藤アキラ写真展in尾道(2) なかたミュージアムコンサート2007 ボーシャン展 なかたミュージアム・コンサートvol.3 Ky 第二回尾道大学石像彫刻展 ニッケルハルパとチェンバロ 「我等、尾道派−東京の集い−」 二つのギャラリー展 二つのアート・コム T 「おのみちアート・コムin東京」報告書U なかたミュージアム・コンサート2008/04 第17回『尾道薪能』 音楽物語「わが心の大正ロマン」 「こどもの本の世界」展 尾道・西國寺観月能 第三回尾道大学石像彫刻展 小林和作「天地豊麗」展 ケビン・コスイナーの「マチ写」展 第2回尾道・西國寺観月能 麦人の朗読会「父と暮らせば」 琵琶百物語 文楽人形(吉田勘緑) 圓鍔勝三彫刻美術館 耕三寺博物館 麦人の朗読会「父と暮らせば」のコピー ウィーン セレナーデ 2006 作陶展 かわぐちかいじ漫画賞受賞祝賀会レポート 砂曼陀羅の続報 武久源造さんのNHKラジオ出演 ジャズユニット<パリャーソ> 武久源造スペシャル 佐藤アキラ写真展 武久源造(チェンバロ)ディナー・コンサート 幻の都 塩川高敏 展 かわぐちかいじ小学館漫画賞受賞祝賀会 能への誘い 山本潤子アコースティックコンサート2006


第8回 ミュージアム・コンサート

ジャポニズムを愛したパリの作曲家たち
大村圭子(ピアノ)

日時=平成28年8月23日(火)
(開場17時15分 開演18時〜)



<演奏曲目>
サティ
ジムノペディ、グノシエンヌ
ラヴェル
マ・メール・ロワ組曲、亡き王女のためのパヴァーヌ、ボレロ
ドビュッシー
ベルガマスク組曲(前奏曲、メヌエット、月の光、パスピエ)
サン=サーンス
動物の謝肉祭


会場/尾道市立美術館2F ロビー
チケット/一般3,000円、学生(大学生以下)1,500円
参加定員/先着100名
主催:尾道市立美術館友の会 共催:尾道市立美術館
企画協力:NPO法人おのみちアート・コミュニケーション
◎チケット取扱所
尾道市立美術館、マスハラ楽器、ビサン ゼセッション
◎お問い合わせ
尾道市立美術館 tel.0848-23-2281

*コンサートチケットで、「写楽と豊国ー役者絵と美人画の流れ」展の観覧ができます。(8月23日限定)
*当日、美術館は一旦午後5時に閉館し、改めてコンサート参加者用に午後5時15分に開館します。


大村圭子 keiko Omura(ピアノ)
大阪生まれ。大阪教育大学ピアノ科卒業後、ミュンヘン音楽大学にて音楽教育学及びクラウス シルデ教授にピアノを師事。卒業後、ミュンヘン大学にて音楽学を専攻。帰国後は長年にわたり大阪にて後進の指導と演奏活動に携わる。
2006年、2度目のドイツ留学の為、ワイマール音楽大学ピアノ科入学。ゲルリンデ オットー教授にピアノを師事するが、ワイマール音楽大学で催されたフォルテピアノセミナーにおいて非常に感銘を受け、古楽器奏者への転進を決意。
2007年ワイマール音楽大学チェンバロ科に入学。チェンバロ、通奏低音をベルンハルト クラップロット教授に室内楽をミドリ ザイラー教授に師事。
在学中より ワイマール音楽大学室内オーケストラ、ゾンダーハウゼンオーケストラの通奏低音奏者として活躍。J.S.バッハのロ短調ミサ曲をライプッチッヒトーマス教会カントールのクリストフ ビラー教授の指揮でワイマール音大室内オーケストラのオルガン通奏低音奏者としてワイマールのヘルダー教会、アイゼナッハのゲオルゲン教会で演奏するなど、数多くの演奏会に出演。
チェンバロソリストとしても多くのリサイタルを開催。ワイマールのバッハビエンナーレ(2008年)では著名な文学者ギーゼラ クラフトと文学とチェンバロのコラボレーションコンサートを催し、マスコミでも高く評価された。
2011年ワイマール音大チェンバロ科卒業後はオーストリアに拠点を移し、ザルツブルク音大で音楽学を専攻。その後ドイツ、トロッシンゲン音大大学院でフォルテピアノをウォルフガング ブルンナー教授に師事。
2012年からはリンツのアントン ブルックナー音楽大学に移り、チェンバロ科大学院で イエルク ハルベック教授にチェンバロを、フォルテピアノ科大学院でウォルフガング ブルンナー教授にフォルテピアノを師事。
2012年より2015年まで世界屈指のオリジナルフォルテピアノの収集を誇る楽器博物館クレムスエック城に住みながら鍵盤楽器部門学芸員助手として勤務。同博物館にて演奏家としてフォルテピアノのセミナー、演奏会を開催、プランナーとしては講習会、イベントの企画を担当した。2014年 日本コロンビア女子クラ部サイトにクレムゼック城やウィーン美術史博物館のフォルテピアノ、自身の演奏活動を紹介する記事、フォルテピアノ通信を5回にわたり連載。
2015年アントン ブルックナー音楽大学 チェンバロ古楽科大学院、フォルテピアノ科大学院 及びフォルテピアノ音楽教育科大学院卒業、3つの修士号を得る。現在は引き続き 同大学 チェンバロ科大学院にてチェンバロをブレット ライトーン氏に、オルガンを ルドルフ ユングヴィルト教授に師事。
チェンバリスト、フォルテピアノ奏者としてドイツ、オーストリア、イギリス、フランス、チェコ及び日本にて演奏活動を行っている。
2016年秋よりウィーン音楽アカデミーのピアノ科教授に就任予定。


過去のミュージアム コンサート

▪️第7回平成27年11月21日(土)
アルメル・ドゥーセ(アコーディオン)&マチュー・メッツガー(サクソフォーン)

▪️第6回平成27年8月6日(木)
相曽賢一朗(ヴァイオリン)&東海林悦子(ハープ)

▪️第5回平成27年4月9日(木)
塚田佳男 リードオルガンコンサート〜風の息吹〜
 歌の共演 平本弘子(ソプラノ)

▪️第4回平成26年8月15日(金)
歌とピアノで綴る「祈り〜Pray」
池田尚子(ソプラノ)&大澤宣晃(ピアノ)

▪️第3回平成26年4月20日(日)
デヴァ ヨーコ(DEVA YOKO)『THE 笛スピリット』
使用する楽器/篠笛、フルート、リコーダー、インディアン・フルート

▪️第2回平成26年1月23日(木)
桐山建志(ヴァイオリン)

▪️第1回平成25年11月24日(日)
弦楽四重奏ー小川響子(ヴァイオリン)小島燎(ヴァイオリン)有田朋央(ヴィオラ)小畠幸法(チェロ)

▪️第0回平成25年3月23日(土)
谷川俊太郎(詩の朗読)&谷川賢作(ピアノ)

 

バックリンク(8) 参照(2623)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by