トップ路地(露地) > レンガ坂

レンガ坂

尾道では有名な路地の一つ、レンガ坂には、いろんな名前が...。
レンガ坂
レンガ坂
レンガ坂
レンガ坂
 レンガ坂は煉瓦坂ではない。しかしなぜカタカナで表記するのか。この坂が蓮華(れんげ)坂と云われていたとも聞くが、これも定かではない。
 そこで、吾輩、路地ニャン公の優れた臭覚と聴覚をもって、れんが坂の由緒正しき名前を求めて緻密な情報収集にこれ務めたのだ。
 その結果、れんが坂の住民の戸籍に<デンギ坂>と書かれていたとの貴重な情報を入手した。ところが、住民の記憶の中のその漢字は、今ではどこを探してみても見当たらないのだ。デンとは木偏(へん)に電という旁(つくり)の、言い換えれば<木+電>一文字の漢字で、ギとは<木>と書かれていたという。
 そんな漢字があるのかな、と改めて漢和辞典を探しまくっては見たが、やはり発見できないのだ。それでは、この記憶、いやこの情報は信ぴょう性がないのか?!
 そこが路地ニャン公、ふと記憶の回路がよみがえってきたのだ。ひょっとして、あの本に書かれていないか!! あの本とは大正4年4月1日に発刊された「尾道案内」(中國實業遊覽案内社編輯局 吉田松太郎)のことだ。
 早速、頁をめくってみた。実に面白い本である。その内容たるや驚くほど豊かで興味深いが、そのことは別頁でご案内することにして...。
 話を戻して、ペラペラめくっていたら、アっ、あったのだ。数ある目次の中の「娯楽」の、そのまた中の「庭園」で、「尾道形勝中の多くは、何れも茶園の占領するところ....」と書かれている。
 ここでいう茶園とは、茶畑を意味するのではなく、裕福な人々の茶室のある別荘のことだ。当時の尾道町には18もの茶園があったと紹介されている。その茶園のうち、西原善平氏別荘と児玉喜兵衛氏別荘の二つが<久保町デン木坂>と書かれているのだ。
 さらに目次の「神社仏閣」の中では、尾道神葬地(現在の愛宕祖霊殿)が紹介され、その住所を「久保町字デン木坂にあり」(デンは漢字で表記され、デンギとフリガナあり)と記している。
 ということで、レンガ坂は大正4年当時はデンギ坂といわれていたことが明確になったのだ。

   写真は上から、(1)西國寺大門(参道)から見るレンガ坂、(2)れんが坂のほぼ中間地点から西國寺大門方向を振り返る、(3)やがてレンガ坂の西端が間際に、(4)さらに進むと視野が一挙に広がり、目の前には福善寺の城山墓地と遠方千光寺山が眼に飛び込んで来る。
 それにしてもなぜ<デンギ坂>なのか。吾輩は想像豊かに大胆な推測をした。『そうだ!これはきっと、この坂道に生えていた大きな樹木に稲妻が走り、雷がおちたのだ。それでデンギ坂と呼んだに違いない』
 と云うと、「何を冗談を」という方も居られるかもしれないが、吾輩は真剣なのだ。それにしても、「レンガ坂」は長江から防地、さらには番所に抜ける山の尾を伝う古道であったと思われる。それでは、雷が落ちる前は何と呼んでいたのか?という話になると、もうこれは判らん!!

 後日談。吾輩には知的ネットワークなるものがあり、この「デンギ」なる漢字の意味を調べることに成功した。「木」偏に「電」の旁は「木」偏に「雷」の旁とほぼ同義語と思われ、「木+雷」の一文字には、(1)ライという木の名前(2)武器の名前で、石叉は木の円柱形のもので高所から推し落とすという意味があるそうだ。
 そんなわけで、「デンギ」は「ライボク」と読み、木を円柱形に削り、高所から推し落として殺傷する武器の名(大漢和辞典巻六 諸橋轍次著 大修館書店より)だとわかったが、これで益々判らなくなってしまった。
 それではなぜ大正4年の「尾道案内」には「デンギ」とわざわざフリガナがあるのだろうか。もうこれは吾輩の範疇ではない、ということで幕にする。

 と、思ったがまたまた後日談。何の気なしに入った本通りのとんかつ屋さんの壁に貼られた昭和7年の尾道町の古地図(発行/啓文社)を観ていたら、何と「れんが坂」が「蓮華坂」になっているではないか。なぜ、大正と昭和のたった17〜8年の間に呼び名が変わったのか。これまたミステリーだニャン。
路地の情報
名称
レンガ坂
約1.5m
長さ
約145m
動線種類直線
ほぼ直線
方向
ヨコ軸(東西)
こう配平坦
勾配のある坂
舗装地道
レンガ模様のタイル
両側の建物
モルタル、木造

舗装の年季度
生活臭
尾道的風情度

バックリンク(15) 参照(2581)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by