トップぐるグルメ情報 > ロセアン

ロセアン

料理は五感で味わうもの。その言葉を実感できるのがロセアンだ。
ロセアン
ロセアン
ロセアン

知られざる「至福の場所」
 日本で一番人気のある温泉地・湯布院。その中にあって、吾輩お気に入りの場所が亀の井別荘の「天井桟敷(てんじょうさじき)」と山荘無量塔(むらた)の「タンズ・バー」だ。
 賛美歌の流れる「天井桟敷」で「モン・ユフ」を味わいながら、窓ガラス越しに木々のざわめきを感じる豊かさ、ウェスタンエレクトリック社製のスピーカーから流れる音色に耳を傾け、お茶を楽しみ至福のときを過ごす「タンズ・バー」、尾道にもこんな豊かな空間があればなぁ〜と常々思っていたのだが...。
 尾道の隅々を知っていると自負していた吾輩ではあったが、お恥ずかしい話、こんな身近なところに「至福の場所」があったのを今まで知らなかったのだ、トホホ...。

尾道の深みと豊かさを象徴する「なかた美術館」
 山陽本線尾道駅と山陽新幹線新尾道駅を結ぶ通称、桜土手といわれる184号線沿いを流れる栗原川の西側にある「なかた美術館」。この美術館はナカタ・マックコーポレーションという会社の本社ビルにあるのだが、美術館の中の一角に会社があるらしいというほど建物の大半を美術館が占めているのだ。
 この美術館、尾道のような小さな地方都市にあって、ビックリするような絵画コレクションがあることはあまり知られていない。ピカソ、ルオー、ルノアール、コロー、デュフィ、ブラマンクといった近代の巨匠たち。ユトリロ、キスリング、ヴァン・ドンゲン、マリー・ローランサンなどエコールドパリの作家たち。またフランスの現代作家ポール・アイズピリの油絵のコレクションは日本でも屈指だ。もちろん日本を代表する梅原龍三郎、中川一政、林 武、須田国太郎、三岸節子らの作品群も見逃せない。そして何よりも尾道市民の誇る小林和作画伯の特別室も設けられている。

ロセアンというフレンチ・レストラン
 なかた美術館の中にあって、裏山の斜面を使った回遊式の日本庭園を持つフランス料理レストランが「ロセアン」(写真/上)なのだ。
 瀬戸内から直送される豊富な海の幸、県北の新鮮な野菜・ハーブを素材に、東京で数々の名店を経験してきたシェフが創り出す本格フレンチレストランの味は、訪れる者を唸らせる。
 中でも価格的にお手軽で女性に人気のある<カレーセット>のランチ2,100円は、満足度120%のおすすめメニューだ。カレーにはシーフードカレー ・ 牛テールカレー ・ 豚ヒレカツカレーの三種類があり、前菜に本日のサラダ、デザートの自家製ケーキ(写真/中)とコーヒー、紅茶かハーブティーが付いている。
 時間と余裕のある方には、昼のコース料理2,940円、3,990円(税込み)もおすすめしたい。
 ゴージャスに過ごすには、ライトアップされた幻想的な庭を眺めながらのディナー(写真/下)もいいねぇ。店内に流れるチェンバロの音色に心を和ませ、ワインを注ぎながら、楽しく語らい、五感で味わう至福の時間は、忘れ得ぬ「思い出」を演出してくれるだろう。

潮見町6-11  駐車場あり
TEL 0848-20-1220
営業時間
ティータイム(10:00〜11:30)(14:00〜16:30)
ランチタイム(11:30〜14:00)
ディナータイム(17:30〜)ラストオーダー20:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日の火曜日)


大きな地図で見る 

バックリンク(12) 参照(3944)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by