トップ国内外見聞録 > 三原・仏通寺観光

三原・仏通寺観光

深山幽谷の地にある臨済宗の古寺はうっそうとした大杉の木立と清流が...。
三原・仏通寺観光
三原・仏通寺観光
三原・仏通寺観光
三原・仏通寺観光
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 尾道から国道2号線を西へ車で約50分、三原市本郷町の小原大橋を右折し、どんどん山の中に入っていくと、目の前に清流と絶壁の岩肌が姿を現し、風景が深山幽谷の雰囲気に変わって行く。
 臨済宗の古刹、大本山仏通寺の参道にはうっそうとした大杉の並木が続き、禅寺に相応しい静寂が周囲を被っている。
 やがて右手に開山堂と書かれた石碑が見える。堂に通じる石段は湿気を帯び何かしら気掛かりだ。何かに誘われるように石段を登っていくと、紅葉が木漏れ陽を浴び、透き通った緑色を見せて美しい。登り詰めると朱色の多宝塔が姿を現し、その手前斜面に十六羅漢像が睨みを利かしていた。
 今来た石段をゆっくり下り、ふたたび参道に帰り先に進むと、苔が生し、水しぶきを上げながら流れ落ちる細長い滝が目に止まる。

 清流を跨ぐ屋根付の巨蟒橋(きょもうばし)を渡ると仏通寺の山門だ。蟒とは 「うわばみ」の意味で、大蛇の橋ということらしい。
 すぐ正面には仏殿にあたる宝蔵があり、その奥には大方丈、正面右手には座禅道場があるようだ。そして大方丈の玄関には、伊万里圓通寺・長谷川大道老師作と書かれた高さ1.5mはあろうかと思われる大きな木彫の達磨禅師がどかっと置かれていた。
 境内には樹齢数百年の臥龍の松が枝を延ばし、涼し気な木陰を作っている。


 と、突然耳をつんざく木を打ならす音に驚かされた。けたたましく何十回と打ち続けている。その音のする方向を見た。すると生け垣の向こうに坊主頭がちらっと見えて、何だか木槌で木を力いっぱい打ち鳴らしているのだ。
 後ろめたい気持ちを押さえ、フォーカスすることにした。差し足忍び足、...どうやら修行僧が業として行っているものらしい。それにしても実直な吾輩、少しばかり心の臓がドギマギしたニャン。



この仏通寺、秋の紅葉もまた格別だ。



バックリンク(7) 参照(8354)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by