トップ国内外見聞録 > 世界遺産の都市リガ

世界遺産の都市リガ

バルト三国のひとつ、ラトヴィアの首都リガを歩けば...。
世界遺産の都市リガ
世界遺産の都市リガ
世界遺産の都市リガ
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 エストニアの首都タリンからバスで5時間(約300km)余り、ようやくラトヴィアの首都リガについた。途中、国境を越え、森林の合間からバルト海を見ることで、何とか吾輩の頭の中で、おおよそどちらの方角に走っているのかが想像できるくらいで、タリンからリガまでの風景は特筆すべきものはなかった。
 ラトヴィアは人口200万人の国で、その半分が首都リガに集中している。吾輩たちを乗せたバスは、リガの郊外に差しかかった。車窓を流れる風景は、まるでソ連時代にタイムスリップしたような、色彩のない世界だった。
 寒々とした寒空に、灰色の薄汚れたアパート群と年老いた人たちに太めのご婦人が目につくばかりだ。「こんな街が、世界遺産の街?なのか。」と思ったのが率直な吾輩の感想だった。
 バスはどんどん街中を走り、ようやく大きな川沿いにバスは止まった。5時間振りにバスを降り、縮まった身体を伸ばし、ホッと息をつく。
 大きな川はダウガヴァ川といい、川の向こう岸に今日の宿泊ホテルのラディソンSASダウガヴァが見える。
   裏通りのような石畳の路地を抜け、地下のレストランに案内された。昼食はさておき、吾輩の流儀で、旅に出たら食事前にビールかワインを飲むことにしている。そんなわけで疲れを癒すに相応しいビールとワインの両方を飲み干した。



 昼食はロースト・ポーク。味は別にして、満腹感のある腹を抱え、地下から外へ出た。リガの第一印象を引きづりながら路地を抜け、ガイドの後ろをトコトコ歩いていくと、アッと驚いた!!! 郊外とはまったく別世界が目の前に拡がっていたのだ。



 リガは12世紀の頃、ドイツ人によて作られた街だ。現在、ラトヴィア人43%、ロシア人40%の人口構成だという。街には教会が多く見られ、プロテスタントとカソリックが半々で、ロシア正教もあるという。
 また、この都市は、どの時代にも戦渦を味わってきた。ドイツ、ロシア、スウェーデン、ソ連という順に占領統治されて来た不幸な歴史をもっている。
 それだけにさまざまな国の影響を受け、この都市は13世紀の特徴をもつ旧市街地のゴシック様式から、新市街地のユーゲントシュティール(ゼツェッション=アール・ヌーボー)様式まで実に多彩な建築物が立ち並ぶ、まさに世界文化遺産の街である。中には歴史的建築物と現代建築物の絶妙な取り合わせもみることができる。
 そして、この旧市街地には胸がドキッとするほどの美人が至る所を歩いているのだ。
 吾輩のように日の出づる国に育ったものからは、信じ難いスタイルの女性が闊歩しているのだ。顔は小さく、足は長く細身の長身で、まるで八頭身のトップモデルがうようよ歩いているのだ。
 吾輩は余りのショックでデジカメのシャッターを切ることを忘れていた。


バックリンク(9) 参照(6776)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by