トップ国内外見聞録 > 中富良野の山荘

中富良野の山荘

山荘というだけあって、自然を思う存分堪能できる別天地だ....。
中富良野の山荘
中富良野の山荘

中富良野の山荘
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 帯広に本社があるR社所有の山荘にやって来た。
高橋玄洋先生を慕って、尾道、奈良、所沢と帯広から集まる「玄洋会」の会合場所が、このたびはこのR山荘なのだ。
 山の斜面をそのまま生かし、自然破壊を極力回避した山荘の建て方には、R社の社長の思想が読み取れる。
 斜面に建つ山荘の玄関へと繋がる20mを越える長い木造の橋には、木の葉が敷き詰められ、この山荘を訪れる人々の歩行を優しく包み込む。
 玄関のドアを開け内部に入ると、もうその空間は、あらゆる外部の情報と街の喧噪を遮断し、自然の真只中に身を委ねられるという贅沢が許される世界だ。



 以前にヨーロッパで買い求めていたというドアや把手、椅子が素朴な落ち着きを演出している。その中で唯一、正面の壁に飾れれた小泉淳作画伯の「シーラカンス」の墨絵が異彩を放ていた。




 この山荘は三つの棟で構成されている。一つは、町道から木製の橋で繋がったエントランスホールとキッチンと広い食堂、そして寝室からなる棟、二つ目の棟は25畳位の広さの雑魚寝の部屋が2部屋、そして最後の棟は大きな浴場にサウナと洗面所がついていて、それら三つの建物が斜面に横並びに建てられ、小道で繋がっている。(当然ながら、すべての棟にトイレが完備されている。)
 これらの棟がカラ松林の中に道路を隔てて建っていると想像すればよい。



 数名の者が浴場に入り、カラ松の林を目の前にして、ホッと気を緩めながらいい湯だなに浸っていた。この浴場は天井が高く、洗い場に鏡はない。(洗面所にはもちろん鏡はある。)「SIMPLE IS BEST」という設計なのだ。それにしてもガラスが曇らないなぁ、と誰もが思っていたふしがある。
 どこともなく、微風が入ってくる。そして、蝶が「アレ、アレレ?!」
中へ入ってくる筈のない蝶が気持ち良さそうにこちらにフワリフワリと飛んでくるではないか!!
 それで、分った。この浴場は露天なのだ!! みんな大笑いだ。目の悪い典型的な日本人ばかりではないのだが...。この浴場、写真左側に大きなガラスの引き戸があって、今はちゃんと格納されているのだが、冬場には閉められるのだそうだ。


 札幌から馳せ参じたというレストランのシェフとスタッフ4〜5名による、手の込んだおいしい料理とポルトガル産ワインの勢いもあって、玄洋先生を囲んでの談笑は、いつもながら大いに賑やかであった。
 そして吾輩、いつものことながら、肝心要の写真を撮るのを忘れてしまった。それは十日間塩漬けした後、10時間低温で煮込んだという豚のもも肉のブロックだった。考えれば、考えるほど、あれは勿体なかったと後悔するが、後の祭りだ。



 雰囲気に飲まれ、ワインにどっぷり漬かった身体を布団に沈めた途端、眠りこけてしまったらしい。
 早朝に目覚め、テラスに出ると、爽やかな風がカラ松林を揺らし、小鳥のさえずりが迎えてくれた。林の向こうには遠く活火山の十勝岳が見える筈である。


バックリンク(7) 参照(3387)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by