トップぐるグルメ情報 > 中華食堂「一楽」(いちらく)

中華食堂「一楽」(いちらく)

「ちまき」のおみやげが家庭円満の秘けつ....。
中華食堂「一楽」(いちらく)
中華食堂「一楽」(いちらく)
中華食堂「一楽」(いちらく)

 台湾生まれの父・進財さんと尾道生まれの母・亀子さんが結婚し、昭和32年(1957)大衆食堂「一楽」を開業した。その後、昭和46年中華料理の店に転換、次女の増田淑恵さんが中華食堂「一楽」の店主となり、今日も笑顔で客を迎える。一楽はまもなく54年を迎える老舗だ。
 何げなく彼女にキャリアを聞いて、驚いた。「今年(2010年)の12月で30年目かな...。」との答え。「18歳になったときからお店を手伝い始めた」のだそうだ。ということは、フムフム彼女は今○○才だな...。



この店では、中華そば、ワンタン麺に担々麺、ピリ辛ホタテに焼豚、酢豚、焼餃子に水餃子、シュウマイに若鶏の唐揚げ等々約20種類の中華料理のほか、名物とも言える特製「ちまき」(写真/左下)が味わえる。
 余談だが、尾道ラーメンの元祖ともいえる尾道の中華そばの老舗の一つがこの「一楽」で、吾輩たちが幼き頃、夜食に出前の「一楽の中華そば」を食べることが何よりの楽しみであった。
 そんな「一楽」でのニャンとも笑えぬ話をご紹介しよう。ある日、吾輩が「一楽」の片隅にちょこんと座っていたところ、浴衣姿の観光客二、三人がドヤドヤ店に入ってきた。そして、『な〜んだ、この店は尾道ラーメンがないんだ!!』といって、そそくさと店を出ていったのである。彼らは何を食べにきたのか、吾輩は思わずニャ〜ゴロと笑ってしまったが、実にニャンとも笑えぬ話だねぇ。
 話は本筋に戻って、淑恵さんは次のように語った。『父の進財さんが亡くなったとき、母や姉と店を存続させるため、メニューを一新しようと考えた。昭和58年(1983)、父が事あるごとに作っていたお気に入りの台湾の「油飯(ユープン)」を母が日本人好みの味にアレンジし、「ちまき」として週に1日だけ出し始めた。』
 この「ちまき」が大好評となり、今では毎晩、家路につく酔い客が「<ちまき>はまだある?」と異口同音に顔を出す。また、この逸品、2010年1月号クロワッサン プレミアム(マガジンハウス)「知る人ぞ知る」クチコミグルメを探してに取り上げられた。
 ちなみに、話題のこの「ちまき」は、もち米(広島県の神辺産と庄原産)だけで作られており、具には広島県産の豚とシイタケ、京都産のタケノコ、そして小豆島のマルキン醤油で味付けられている。


大きな地図で見る 
久保2-10-12 tel.0848-37-5862 Pなし
営業時間 11:30〜14:00、17:30〜22:00
定休日/日曜日(月曜日が祝日の場合は、火曜日) http://chimaki.jcom.to/


バックリンク(15) 参照(8591)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by