トップ国内外見聞録 > 亀老山公園の恋人岬

亀老山公園の恋人岬

きろうざんの展望台の南側の角で来島海峡大橋に向かって....。
亀老山公園の恋人岬
亀老山公園の恋人岬
亀老山公園の恋人岬
亀老山公園の恋人岬
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 来島海峡大橋の全景を写真に撮ろうと、亀老山公園に上がってみた。梅雨の 合間をくぐっての尾道からの遠出だったが....。
 がっかりしてしまった。目の前にある四国が見えない!そして、眼下にくっきりと見えるはずの来島海峡大橋も霞んで見えないのだ....。
 デジカメが壊れていないことは下三枚の写真を見ていただければ納得できるはず。ともかくもカメラを構えて見るのだが、ファインダーに写る風景が太陽光線のせいもあるのだが、全く確認できない。トホホ....。
 そんなわけで、がっくり頭(こうべ)を垂れたら、面白い物件が見えてきた。相合い傘のマーク入りの鍵がいっぱいぶら下がった金網が設置してあるのだ。金網があったから鍵がぶら下がり始めたのか?はたまた、吾輩にはちょっと恥ずかしい言葉なのだが、二人で<愛を誓った>証に永遠に離れないようにと彼女のために鍵をぶら下げた金網をもって来た....?!。
 と、推測するのだが、女性上位のこの時代、女性が鍵を付けた金網を用意して、しっかりと繋がった来島海峡大橋に向かって男性を誓わせた、というのが真相か。そうは思ったが、それにしても、そんな話は夢がないニャン
 かつて南海の楽園、パラオ共和国だったか、恋人岬というのがあったと記憶する。それとも違う大平洋の島だったか...。まっ、それはさておき、夢ある話が好きな吾輩は、勝手に亀老山の恋人岬と名付けてしまった。

 いずれにせよ、吾輩なんぞ、「縁が欲しいが縁がない」というしがない路地ニャン公。路傍の可愛い黄色の花にでも愛を囁いてみようかな。


 紅く染まる彼方の空に沈み行く夕陽は恋人岬にふさわしい。(写真/上:今治市撮影)



バックリンク(8) 参照(8762)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by