トップ > 030 七佛めぐり > 千光寺

千光寺

(せんこうじ)恋の悩みも悪運も一挙に解消!
千光寺
千光寺

<開運>開運厄除祈願

真言宗単立
 秘仏の御本尊・千手観世音菩薩は、元禄17年、栗原村に起こった大火から尾道町を守ってくださったことから、「火伏せの観音さま」と呼ばれる。
 古来より文人墨客が我が国随一の美しさと讃える当寺からの眺望に心を洗われた後、御本尊に願いごとを念ずれば、運は開ける。ほかに良縁・試験合格・子授け・交通安全・病気平癒・家内安全・延命長寿・ぼけ防止祈願と老若男女問わず開運を求める参拝者は多い。

代表的寺宝
本尊 千手観世音菩薩・須弥壇・阿弥陀三尊石像(すべて市重文)

御本尊
千手観世音菩薩(火伏せの観音さま)

開山・創建
806年(大同元年)開基、多田満仲の中興

寺縁起
 大宝山 権現院 千光寺の境内には玉の岩(烏帽子岩)と呼ばれる大岩があり、その昔、岩上に光る玉があって、尾道の町や海を照らしていたという。その光る玉から尾道の町を玉の浦、山を大宝山、寺を千光寺と呼び、千年も千里も末永く、弘く光るようにと開かれたと伝えられる。

千光寺情報
(1)断崖絶壁にへばりつくように建てられた舞台造りの本堂(2)境内から眺める尾道の絶景(3)平成8年環境庁の日本の音風景百選に選ばれた、時の鐘として有名な鐘楼「驚音楼」(4)かつてタンク岩に光を放ったという「鏡岩」(5)日本外史を著した頼山陽が名づけた「撫松庵」(6)奇岩「三重岩」

722-0033
尾道市東土堂町15-1
TEL 0848-23-2310 FAX 0848-23-8844


大きな地図で見る

バックリンク(9) 参照(4571)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by