トップ > 030 尾道ファン倶楽部 > 塚田佳男

塚田佳男

(つかだよしお)ピアニスト
塚田佳男

尾道ファン倶楽部・特別会員

<尾道とのつながり>
◆1999年3月 コンサート「にほんのうた」塚田佳男(ピアノ)(会場/しまなみ交流館)
◆2000年9月 「智恵子抄をきく」塚田佳男(ピアノ・朗読)、田中誠(テノール)(会場/尾道白樺美術館)
◆2001年「日本のうた」塚田佳男(ピアノ)、東京室内歌劇場オペラ歌手4名(西山別館)
◆2002年2月 「由紀さおり、高津佳ジョイントコンサート」ー思い出の昭和を歌うー(しまなみ交流館)
◆2015年4月 「塚田佳男リードオルガン・コンサートー風の息吹ー」平本弘子(ソプラノ)(尾道市立美術館)

塚田 佳男
Yoshio Tsukada
ピアニスト

プロフィール
群馬県出身。13歳より教会にてリードオルガンによる奏楽奉仕を務める。
東京芸術大学卒業声楽科卒業後、1975年〜77年ドイツにてピアノ及び伴奏法を学ぶと共に、パイプオルガンと教会音楽をエベルハルト・ポップ氏に師事。帰国後から現在に至るまで、歌を知りぬいた繊細な音楽性で、日本を代表する伴奏者として目覚ましい活躍を続けている。
特に日本の歌曲の研究、解釈、伴奏においては現在日本の第一人者。ライフワークである自らの企画構成による日本の歌のコンサートや、その演奏は国内はもとより、海外にても高い評価を得ている。
日本歌曲を伴奏しているCDも多数リリースされ、セミナー等の講師も、全国的規模で行っている。
音楽之友社主催の【シリーズ日本歌曲の歩みと調べ】では、畑中良輔氏とともに企画構成に携わり、全4回1,000曲以上の伴奏の大半を弾く。
「由紀さおり、安田祥子童謡コンサート」音楽監督並びにチーフピアノストを務め、1995年からNHK紅白歌合戦に連続出場。
平成11年度第1回水谷達夫賞受賞。東京室内歌劇場運営委員。日本演奏家連盟所属。日本リードオルガン協会会員。「榛名梅の里音楽祭&日本の歌」スプリングセミナー音楽監督。

塚田佳男氏に関する詳しい情報は「つかたか倶楽部」をご覧下さい。


バックリンク(16) 参照(5515)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by