トップ尾道見聞録 > 天の邪鬼

天の邪鬼

優れた尾道の石工が残した石造物は、ここ浄泉寺にも...。
天の邪鬼
天の邪鬼
天の邪鬼
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 「大屋根はみな寺にして 風薫る」とは巖谷小波の歌だが、この大屋根というと吾輩は決まって浄土真宗浄泉寺の大屋根を連想してしまう。
 とにかく地方の寺でありながら、このような巨大な鬼瓦(一つの大きさが畳十六畳といわれている)と大屋根をもつ寺も、全国広しといえども、そう多くはないだろう。



 かつて、この寺は「昼寝寺」という愛称をもって親しまれていた。大屋根の軒下は陽光が遮断され、広縁に横になると優しい浜風が肌を撫で、ついつい眠りに誘われてしまう、という尾道市民の憩いの場であった。それがどういう訳だか、昼寝が禁止されてしまった。



 そんな大屋根に雨が降ると、滝のような雨水が流れ落ちるのではないか、と吾輩は想像たくましくするのだが、未だその光景を見届けているわけではない。
 まっ、想像するだけでも興味深い話だが、その流れ落ちる雨水を受け止める石槽が、これまた凄いのだ。「用水」という文字が彫り深く刻まれたこの石槽は、一枚岩をくり抜いたもので、昭和14年に石工職人・溝上民平衛によって作られしものと確認できる。



 その石槽に雨水が溢れんばかりに溜まったら、「さぞかし重いだろうなぁ」とまたまた想像を巡らしながら、石槽を支える「天の邪鬼」に同情したのだが...。
 それにしても八体の「天の邪鬼」の顔は、どれもこれも興味深く個性的だ。天保13年(1843年)からずーとこんな体勢でいると、たまには背筋を伸ばしたいだろうにと思うのは吾輩だけか...。



バックリンク(6) 参照(5059)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by