トップぐるグルメ情報 > 天狗ずし

天狗ずし

天狗は明治時代から大正、昭和、平成と引継がれた寿司の老舗だ。
天狗ずし
天狗ずし
天狗ずし

 明治10年ごろ大阪の三九橋筋で開業した「天狗ずし」が、尾道の浮御堂小路角に引越してきたのが明治23年という。
 以来、たまご、しいたけ、焼き穴子に小海老のそぼろが六切れと品良く飾られる箱寿司、尾道独特のあけ貝(あさりのむき身)と桂馬の厚焼きたまご、しいたけ、かんぴょう、穴子、そぼろ、三葉の7種類の具が入った太巻きの巻寿司の味は、四代目となって今年で36年目を迎える店主・宮地信喜さんがしっかり受け継いでいる。
 そして2年前の2004年、東京でサラリーマンを経験し、福山市で花火師となった息子さん宮地 準さんが尾道に帰り、五代目となった。どこの親もそうだが、跡継ぎの決まった四代目の嬉しそうな笑顔が印象的だったねぇ。
 天狗ずしは、歴史都市といわれる尾道でも、明治から大正、昭和、平成と時代を越えて引継がれた数少ない老舗のひとつだ。
 余談だが、店内には小説の神様といわれた志賀直哉から、尾道滞在中に大変世話になったという天狗の二代目の義妹へ感謝して贈られたという湯呑みが、さりげなく飾られている。
 そんな老舗で、ツウは箱寿司や巻寿司に「玉赤(ぎょくあか)」を食する、と吾輩は聞いているのだが...。(玉赤とは赤だしに半熟たまごを入れてもらうこと。)

土堂1-4-14 P契約駐車場あり
TEL 0848-22-4608
営業時間 11:00〜14:00、15:00〜19:00
定休日 木曜日(祝日の場合は営業)




大きな地図で見る 

バックリンク(22) 参照(3789)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by