トップぐるグルメ情報 > 孔雀荘

孔雀荘

尾道最古の画廊カフェ「孔雀荘」の精神は今も引き継がれて...。
孔雀荘
孔雀荘
孔雀荘

 尾道で一番古い画廊カフェは今も健在だ。
喫茶店「日の丸サロン」が西御所に開店したのが昭和8年(1933年)で、店主は重田夫妻であった。この店は昭和21年「孔雀荘」と改名され、現在の場所に移った。
 そして、奥さんの重田寿美枝(明治44年生れ)さんの人柄が、後に尾道名誉市民となった小林和作画伯(1888〜1974)を中心とした文化サロンとして「孔雀荘」を開花させた。
 以来、美術を志すものは、孔雀荘に通った。そして、この画廊カフェで個展ができることが、作家としての大きな自信となり、次なるステップとなったのだ。

 平成5年、重田さんの他界により、主人を失った「孔雀荘」は惜しまれながら閉店せざるを得なくなった。
 この話を聞きつけ、3年後の平成8年(1996年)、広島で金融関係団体に勤務していた今のオーナー松本宏子さんが一大決心の末、尾道に引越してきたのだ。
 彼女は尾道の風景に馴染んだ外壁と1933年製ステンドグラスを生かした、新しい「孔雀荘」をスタートさせた。「孔雀荘」は再び、尾道に甦った。

 今でも「孔雀荘」は尾道周辺の若手作家の登竜門的な画廊カフェとして存在している。今は文字通り二代目となった松本さん手づくりのケーキセットを味わいながら、飾られた絵画を眺めながることで、尾道のエスプリに浸るのも良い。



西土堂町4-8 TEL 0848-25-2109   Pなし
営業時間/09:00〜18:00
定休日/火曜日(祝日は営業)




大きな地図で見る 

バックリンク(12) 参照(4916)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by