トップお好み焼き > 小林お好み

小林お好み

お好みを焼き続けて今年(平成20年)で51年、半世紀を...。
小林お好み

小林お好み
小林お好み

 尾道市役所の北側、米場町(こめばちょう)という通りに正午ごろから、夜の10時30分ごろまで小さな入口に暖簾が懸かる。
 このお店、定休日というものはない。したがって、吾輩はほとんど毎日、この店の前を通りながら、鼻をピクピクさせるのが楽しみで........。
 店内は昭和30年代に流行ったデコラ張りのままだ。シンプルなお好み焼が16mmの特注鉄板でパリッと焼上がる。これが実においしい。大正12年尾道生まれの小林のお母さん、彼女の昔ながらの焼き方は、今年(2008年)で51年目を迎える今も変わらない。
 吾輩は尾道風お好み焼きの歴史の生き証人だと思うのだが、それでも彼女はいたって謙虚で「私らぁ、しろーとじゃけぇ。」が口癖だ。
 お好み焼きに欠かせないキャベツはお客が来てから、包丁を入れる。「その方が新鮮でおいしいと思うけぇ。」と彼女は云う。したがって、沢山のお客さんが来たら当然、それなりの時間がかかる。「一度に3枚しか焼けんけぇ、大勢来られたら、うちゃあ(=私は)よう焼かんよね。」
 昭和18年、尾道から遠く満州・新京の地で、四軒のホテルを経営するオ−ナ−(尾道の人)に嫁ぎ、敗戦とともに命からがら満州脱出、ふるさと尾道へたどり着いたのが昭和21年という。
 『ツァオ・ファン・ワンラマ』が満州人のあいさつと教える小林さん。直訳すれば「朝ごはん食べましたか?」という意味だが、日本でいう「お早うございます。」というニュアンスの挨拶らしい。
 そんな彼女が『尾道ぐらいえぇところはないよねぇ。』という。実感がこもっているなぁ。


残念ながら2009年7月、「小林お好み焼き」は52年の歴史を閉ざした。
お店の情報
店名
小林お好み
住所
久保1-12-15
電話
0848-37-8452
定休日
原則なし
営業時間
12時頃〜22時30分頃
価格帯
420〜500円
創業
1957年 
席数
5〜6席
駐車場
無し
品数
少ない
誰が焼くか
お店の女将
焼き方
尾道風
席形式
カウンター
のれん
有り
おでん
通年
禁煙
あり

屋号度
内装年季度
店主密着度

バックリンク(22) 参照(2648)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by