トップ尾道見聞録 > 小田原散髪店

小田原散髪店

大正生まれのおだわらさん、目標は現役100歳!
小田原散髪店
小田原散髪店
小田原散髪店
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 「お客の顔形に合わせ、その人の品格を高めるように切らにゃ、床屋とは いえないよ。髪を切るというのは、これはもう芸術なんでさぁ」と小田原さんは云う。
  大正11年生まれの現役バリバリのハサミさばきは、驚きだ。 それもその筈、第4回全国理容技術選手権(昭和26年)で 第7位の栄冠を手にした床屋のプロだ。昭和12年に散髪業界に入ったというから、かれこれ70年を優に越える散髪一筋の超ベテランだ。
 小田原さんのノートには、顧客の頭部の輪郭と髪型の設計図が描かれている。頭部の形状に合わせた理想の髪型を追求するというのが、彼のモットーだ。
 素人には簡単に思える丸刈りにも思わぬ技術がいるようだ。丸刈りは、まず頭にチックを塗り始める。初めての経験で、少々疑問に感じ「どうして?」と質問すると、丸刈りをするときの常識だという。バリカンで髪を切りはじめると、その意味が分る。切られた髪が固まりとなって、ポロポロと落ちるのだ。なるほど...。仕事師はひとつひとつの動きにも、無駄なく合理的な工夫をするものだ。
 次にハサミで全体を整髪する。このハサミ、びっくりするほど切れ味が良いのだ。未だかつて体験したことのない音で髪がスパッと切られていく...。
 カウンターには何丁ものハサミと剃刀が置かれている。一人で使うには、ちょっと多いのでは、と思っていたら、小田原さんのハサミと剃刀のコレクションたるや、そんなものではない。数十丁のハサミ、百本近くの剃刀があるそうだ。
 これらの道具を自ら研ぐ。研ぐ石も当然凝っている。今はもう手に入らぬという京都の本山の研ぎ石(写真/下)をこれまた十本くらいは所有しているという。本山には「たまご」「なし」といった石の色で識別される数種類のものがあり、研ぎ味がそれぞれ違うのだという。この本山の研ぎ石は刀を研ぐときに使うものだ。
 そんな彼の技術に惚れ込んで、尾道に足を運ぶ常連は多い。広島、岡山、愛媛は云うに及ばず、最も遠くは、東京在住の音楽家・武久源造氏で、彼曰く「小田原さんは、散髪の人間国宝だ!!」
 小田原さんは徹底した仕事師で、タバコも酒も飲まない。趣味はといえば散髪の道具道楽というべきか。84歳の今も元気に散髪道を極める。
 そのエネルギーはどうやら戦時中の体験にあるようだ。彼は特攻隊101山岡部隊の生き残りで、終戦により間一髪出撃が中止となって生き延びたのだという。その訓練たるや壮絶で、35kgの荷を背負い、6kmを45分で歩く訓練や、1食にカンパン5枚で千葉館山から東京まで6日間の行軍などなど。だから、どんなことも乗り越えられると彼は云う。
 上には上があるもので、ご近所の眼科医院では、99歳今だ現役という眼科医師もご活躍。その大先輩が「当面は現役90歳が目標で、それから5年ごとに目標を立て、現役100歳を目標にするんだな」と小田原さんを元気づける。(2007年6月、小田原さんの大先輩、高橋眼科の大先生は100歳になった今年、現役を退かれたが、そのあとすぐに天寿を全うされた。)

2010年11月には88歳になるという小田原さんは、今日(2010年5月23日)よりデフレ・スパイラルに陥りそうな日本経済の現状に合わせ、顧客の希望によっては「ひげ剃りなしのカットだけ」でもOKという低価格にも対応することになった。

小田原さんのことをもっと知りたい方は、
小田原散髪(その2)
さらに小田原さんの奥義を知りたい方は、
小田原俊之の散髪道

『小田原理容院』(尾道郵便局の3軒東)は予約制。
TEL 0848-22-9543


2010年10月、小田原俊之さんの御子息から電話があった。「父が倒れました。現在療養中です。もう復帰はできないでしょう。長い間、お世話になりました。」

2011年8月18日、小田原俊之さんは永眠された。享年88才。(数え年で言えば90才だ。) この情報は、吾輩の主人が小田原さんが倒れて以降、世話になっている小田原さんの愛弟子の一人・岡田理容院(尾道市東久保町)で知ったものだ。小田原俊之さんに師事した弟子は総勢31名だったという。

バックリンク(24) 参照(4782)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by