トップがんぼう宅配便 > 尾道がんぼう宅配便とは

尾道がんぼう宅配便とは

あなたのふるさと「尾道」からの出前です...。
尾道がんぼう宅配便とは

尾道を贈る
わしらぁ、尾道が誇りなんじゃぁ。
住んどるもんも、こだわる奴がぎょうさんおってのぉ。
景色はえぇし、うまいもんがいっぴゃぁある。
尾道は、ほんまにえぇところじゃけぇ。
あんたにも尾道を贈っちゃろう。


尾道がんぼう宅配便とは
 「どちらのご出身ですか?」と尋ねられたら、待ってましたと言わんばかりに(広島県とは言わずに)「お・の・み・ちです。」と笑顔で応える尾道人。
 それほど、この尾道は私たちにとって実に誇らしいまちなのです。敢えて「まち」と表現するほどに濃密なほど良いスケールのこのまちは、初めて訪れた人までも純粋培養され、『精神的尾道人』にコッポリはまってしまう不思議な力をもっています。
 曲線を描きながら流れる海、小高い三つの山、その間に起伏のある斜面、密集した町並み、迷路のような路地、坂と寺々、瀬戸内のおだやかな風土、古い歴史文化と現在の日常生活、これらすべてが猫の額のような狭い空間に凝縮しているまち.........この尾道はあなたの「ふるさと」でもあるのです。
 そんなわけで、せめて「尾道に住む私たちができることは?」と知恵をめぐらし、遠く離れた『尾道人(精神的尾道市民)』に尾道ゆかりの企業や人々がつくった選りすぐりのふるさと産品を出前しようと「尾道がんぼう宅配便」を始めたのです。

         株式会社ビサンゼセッション
          

尾道がんぼう坊や(写真/上)はかわぐちかいじ氏の実弟・川口協治氏が描いたもの。


バックリンク(8) 参照(7085)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by