トップ尾道見聞録 > 尾道に住みついたフェアレディZ432

尾道に住みついたフェアレディZ432

日産自動車がつくりあげた幻の名車への熱烈なラブレター...
尾道に住みついたフェアレディZ432
尾道に住みついたフェアレディZ432
尾道に住みついたフェアレディZ432

尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

自動車にも人格がある?!
 日本の都市の郊外に行くと、どこでも見られる中古車販売センタ−。「高値で買い取ります」「廉価販売します」と威勢よく幟を立てて一目を引いているお店。高価な外車ばかりを取り揃えているお店。どれをみても吾輩には新車のようにピカピカ輝いて見える。そして各々の車のフロントガラスには、代金00万円と車価格を表示してある。
 その中にあって、一台だけドキッとする表示が目に付いた。「事故歴なし」。「私は一度も過ったことはしていません。」と主張しているのだろうか。50年も猫として生きてきた吾輩には、事故歴がいっぱいあるのだけれど、この車は大したものだ。
 そう言えば、最近の車は生産ラインに載って、コンピュ−タ−管理で寸ぷんたがわず均質のクロ−ン車がぞくぞく生まれている。ほんの数十年前の昔には、職人さんがひとつひとつの部品をつくり、組み立て、手塩にかけて一台づつ車を生んでいたのだ。そんな時代の車には、確かに車の人格があっても理解できるのだが。

 猫も人間さまと同様、文明の利器が好きでねぇ。吾輩の主人が愛用する車にもそういえば、人格があるだ。この車、生まれは1970年1月で、600台の生産台数の中で49番目にこの世に生を受け、以来ずーと尾道で暮らしてきた。それを証拠に殆ど見かけぬ古いナンバープレートが物語っている。以下、吾が主人が滔々と語り始めた。

 『性別は女性で、名前はフェアレディZ432と名付けられている。何故432なのかといえば、二通りの説があるという。ひとつは、当時の日産がトヨタの2000GTに対抗して最高の技術陣を結集して制作に携わった村田工場の研究室が432号室であったという説、もうひとつはフォ−(4)バルブ・スリ−(3)キャブレタ−・ツイン(2)カムというエンジンの特徴を表したものとだいう説だ。美人には噂がつきものということか。
 暑い夏には、エンジンも熱く、車内も暑い。パワーウインド−、パワーハンドル、クーラーという便利なものは付いていない。素っピンの美しさとでもいうものか。
 箱入り娘のせいか四季の変化に敏感で、外気の変化に微妙に反応して、三連のソレックスのキャブレタ−は、ときどき調子を崩してしまう。車が調子を崩せば、当然吾輩も一心同体で機嫌が悪くなる。一日中気分が優れないだ。
 美人は朝の目覚めが悪いとは、数十年間彼女と付き合ってきた吾輩の持論だ。彼女を目覚めさせる(エンジン始動する)には、イグニッションを始動する前に、軽くアクセルペダルを数度踏み込む。そしてペタルから静かに足を離し、ひたすら彼女が反応するまで、イグニッションを作動させ、目覚めを待つのだ。エンジンがかかったら、エンジン回転数を2,000回転くらいに維持し、水温があがるまでじっと耐え忍ぶ。その間、5分から10分、季節によって対応をかえる必要があるのだ。
 美しい寝顔をしたベッドの中の彼女を目覚めさせるには、誰でもというわけに行かない。下手をすれば、ご機嫌を損ね、点火プラグがかぶって動けなくなってしまう。それほど、彼女は鋭敏なのだ。勿論、彼女には事故歴はない。』
 1970年の1月以来、ずーと彼女によりそっている吾輩の主人がいうのだから間違いはない。それにしても、かれこれ40年が過ぎている。よくも飽きないものだと思うのは吾輩だけか...。(2010年3月11日)

 最近のことだが、スピードメーターのバルブが切れたので替えて貰おうと、たまたま近くの日産レッドステージの店を初めて訪ねた。ところが、幸運にもすこぶる腕のいいエンジニアに出逢えたのだ。全く偶然という他ない。以来、着々と愛車が若返り、エンジン音の中に微かに聞こえるシュンシュンシュンというあの往年のサウンドが40年ぶりに甦った。もちろん回転数を上げたときの轟音は実に小気味良く、切れがよい。


プロフィール
走行距離
129,777km(平成26年2月12日現在)
128,679km(平成25年7月22日現在)
123,837km(平成24年1月9日エンジンOH済み)
123,611km(平成23年6月23日ドックイン)
121,609km(平成23年3月10日現在)
119,983km(平成22年3月20日現在)
118,400km(平成21年8月20日現在)
115,500km(平成19年8月10日現在)
     ・
     ・
     ・
初年度登録:1970年(昭和45年)1月

新車当時のオプションであったカンパニョーロ社のマグネシューム合金ホイールは、いまだに健在。当時は今の自動車用鋼板と違い腐食しやすかったので、ステップなどの腐食防止のため、潜水艦などに使われる腐食防止塗料で保全処理をした。当然ながら、ナンバープレートは「福山5 ××××」と1970年当時そのままだ。(その当時から今日まで、広島県は広島と福山の二種類のナンバープレートだ。)

 2011年3月、突然、1,200rpmあたりでガラガラという異音がエンジンフロント部より出始めた。タイミングチェーンのアイドラテンンショナーなる部品交換が必要だとの診断だった。
 それから2ケ月を経過した5月、燃料計と油圧計が一体になった純正部品の在庫が運良く日産にあったので交換。だんだん新車当時の状態に甦らせてやりたいとの思いが強くなり始めた。
 ついに覚悟を決め、2011年6月12日(日)愛車のドックインを決めた。驚いたことにエンジンは予想だにしなかった危機的状況にあった。間一髪でエンジンを再生不能にさせるところだったのだ。

続き

バックリンク(14) 参照(6487)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by