トップ尾道見聞録 > 尾道のフィレンチェ

尾道のフィレンチェ

鼻をなでると「幸運に恵まれる」という言い伝え...。
尾道のフィレンチェ
尾道のフィレンチェ
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

突然あらわれたイタリアの「いのしし」

 浄土寺下から西に海岸通りに抜けると右手に松本病院がある。この病院の玄関に突然、奇妙なブロンズ彫刻(写真/上)が現れたのは、1998年のことだったろうか。通りすがりの人は怪訝そうに「はてさて、あれは何だ!?」と立ち止まり、車を運転するものは、うっかりよそ見運転で、おお危ない!!」
 そんなブロンズもいつしか尾道風景に馴染んできたのか。よだれをたらした「いのしし」は、鼻をテカテカに光らせながら今日も堂々と股を大広げ、鎮座している。
 このブロンズ像は由緒正しき「いのしし」であることが、立て札に書かれている。それを写しとってみると、以下つぎのようなことが紹介されていた。

イタリアからやってきた「いのしし」は実は「ポルチェリーノ(仔ぶた)」だった?!

 『この「いのしし」の像の原形はイタリアの花と芸術の都フィレンチェ市の通称「わら市場」の広場にあります。作者はルネッサンス後期に活躍した彫刻家ピエトロ・タッカ(1577〜1640)と伝えられています。この像は“ポルチェリーノ(仔ぶた)”と呼ばれ、鼻をなでると「幸運に恵まれる」という言い伝えられ、多くの方々に親しまれております。』

 道理で、鼻がテカテカしていると思ったよ。 と、ところがである。驚くなかれ、吾輩はこれと同じもの(写真/中)をカナダのビクトリア市にあるブッチャートガーデンで発見した。その驚きと感動といったら.......。
 イタリアのフィレンチェとカナダのビクトリア、そして日本の尾道が繋がっていた?! まさに尾道は国際派なんだねぇ...とその時、田舎っぺの吾輩は思ったのだ。
 風の便りによると、この「いのしし」は国際派神戸の異人館近くで見たという人あり。地球規模でウロウロしている可能性も大きいなぁ。

 余談になるが、1999年12月にバルトロメーオ・クリストーフォリのピアノ・コンサートなるものを尾道で開催した。
 このクルストーフォリは、今から300年前の昔、フィレンチェのメディチ家のフェルディナント公に命じられて、人の声のように強弱のあるチェンバロづくりを命じられた。そこでこの天才が発明したのが、今のピアノの原形となるグラヴィチェンバロ・コル・ピアノ・エ・フォルテなのだそうだ。
同じフィレンチェという都市に免じて、お話したわけだが、何だか舌をかんでしまったような、トホホ...。


バックリンク(12) 参照(3390)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by