トップ尾道見聞録 > 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」

尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」

三体神輿は勇壮な喧嘩神輿だ。三体の神輿が幟を巡って...。
尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」
尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」
尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

 尾道の夏祭りの代表格は、住吉祭りの花火大会と八坂神社の祇園祭り・三体神輿だろう。
 尾道の祇園祭りは江戸時代に盛んになり、鉾巡行や三体神輿の渡御が行われた。そして昭和30年代まで、神輿の御旅所を西御所(祇園橋の東)に設け、生花展などの各種出し物、屋台が軒を連れね、その賑わいは一週間も続いていた。
 喧嘩神輿の勇壮な三体廻しも、渡し場(土堂)、中央桟橋前、浄土寺下の三ケ所で行われ、三体廻しの後、神輿は海の中に放り込まれるという荒っぽいものであった。担ぎ手はお神酒を頂き、勢い余って喧嘩となり、神輿が潮に流されていくといった一コマもあったようだ。
 そんな三体神輿が時代の変遷で昭和40年(1965年)には担ぎ手不足のため中断された。以降、勇壮な神輿は台車に載せられ、お年寄りにより曵かれることとなる。

 厳島神社に合祀されている八坂神社は、もともと常称寺(時宗)の境内にあったという。その後、鞆の祇園社(沼名前神社)の神霊を勧請し祭礼を始めたという。明治維新になると神仏分離令で、八坂神社は現在の厳島神社に移された。

 13年の中断の後、昭和53年(1978年)(社)尾道青年会議所のかけ声に、一宮(いっきゅう)神社青年部、久保コミュニティー青年部と尾道市職員有志が呼応し、祇園祭りの三体神輿は復活した。
 現在の三体廻しは往年の荒々しさは無くなったが、それでも重量のある神輿を担いで、幟に向かって突進する勇壮さには多くの観客が拍手を送る。祇園祭りの三体神輿は、毎年7月の第3土曜日の夜、「水祭り」とともに尾道の夜を熱くする。



 

バックリンク(20) 参照(6651)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by