トップ尾道見聞録 > 尾道水道の浮きドック(その2)

尾道水道の浮きドック(その2)

尾道駅前から見える浮きドック、まるで船の博物館?!...。
尾道水道の浮きドック(その2)
尾道水道の浮きドック(その2)
尾道水道の浮きドック(その2)
尾道見聞録関連ページ
プリミティブ・モアレ(その2) これが尾道弁じゃ 凹みの美学(3) 凹みの美学(2) 甦ったフェアレディZ432 尾道のピアノ3台物語 長寿ピアノの秘けつ 尾道の巨大なジャスミナム 尾道が「おいしい」事情 尾道のフィレンチェ 川口協治の四コマ漫画 プリミティブ・モアレ(その1) くねくね坂道アート道 凹みの美学 尾道夏祭り「住吉花火大会」 西御所ウォーターフロント 尾道歴史年表 尾道白樺美術館が閉館 小田原散髪店 工房おのみち帆布 尾道東高等学校の正門 向島洋らんセンター 尾道の夏祭り「水祭り」 高見山の風景は「これはもう尾道の宝物」 宮邊海産の洋館 丸万蒲鉾店 魚市場跡の石畳 尾道の冬桜 ちょっと気になる風景(5) 尾道水道、初冬の夕暮れ 小林和作とは 岩屋山から見る尾道夕暮れ ファインダーの中の写真家 尾道中央桟橋 灰屋・橋本家の壁 スリムな家 万年筆の生け簀(す) (ぼたん) ちょっと気になる風景(6) 備三タクシー(株)の公式HP シュガーシャック 尾道夏祭り「祇園祭三体神輿」 ちょっと気になる尾道風景(2) ちょっと気になる尾道風景(3) ちょっと気になる尾道風景(4) なかた美術館 なかた美術館第四展示室 天の邪鬼 浄土寺の庭と露滴庵 SECESSION) タヌキの「ぽんた」 「坂の陸橋」 尾道クレーン物語 和紙専門の「佐藤紙店」 常称寺の山門 常称寺の屋根瓦 浄土寺の初護摩 防地川の石垣 艮神社の大楠 周六(その2) 時計屋の時計看板 尾道水道の浮きドック 尾道水道の浮きドック(その1) 吉源酒造場 防地口の風景 木製電信柱の危機 毛糸屋の毛糸看板 尾道水道の浮きドック(その2) 金剛院の烏天狗 西郷寺 天寧寺の牡丹(2007年) 尾道学寮物語 ちょっと気になる尾道風景(7) 小田原散髪(その2) 真夏の尾道 なかた美術館のチェンバロ 西國寺の櫻 にぎり佛 尾道の「臍(へそ)」 夜の住吉浜公衆電話室 箱入り金木犀 天寧寺2008年 自転車にも天国と地獄 緑豊かな家 なかた美術館の庭園 尾道の如雨露(じょうろ) なかた美術館第一・第二展示室 なかた美術館第三展示室 尾道水道という名の海 空家の秋 尾道ファン倶楽部 これぞ電信柱の原形 小田原俊幸の散髪道 住吉浜公衆電話室 尾道七佛めぐり ちょっと気になる尾道風景(1) 夕暮れ尾道 尾道に住みついたフェアレディZ432 尾道ぽっぽ新聞 がんぼう尾道ラーメン ◎◎おこのみ店

「毎日見える風景は、ほとんど見えていない風景だ」...(中略)..日常の風景を楽しみながら意識して眺めると、見える見える、今まで気が付かなかったものがどんどん見えてくるのだ。
 そんなわけで、これから尾道駅前の路上観察ならぬ海上観察を行うことにした。観察対象は向島船渠の浮きドックに入ってくる修繕船だ。どこまで続くか、自信はないが、まっ、やって見よう!!

 というわけで、数えてみると早くも一ヶ月近くも続いたようだ。
 それにしても、見たこともない変わった船が続々と入ってきて、これは 実に楽しいものだ。

(8)2007年4月30日(月)午後2時25分 快晴
二週間も空いてしまった。そろそろ、この浮きドックシリーズも幕引きが見え始めたのか。今回の船も標準的なタンカーで船籍は不明だが、船名は「宗像丸」(むなかた丸)だ。およそ1万トンクラスか。
 


(7)2007年4月16日(月)午後0時30分 小雨
このたびの船の形は、尾道でもよく目にするオーソドックスなタンカーだ。船体はパテを塗られ、例によって麻疹状態だね。9千トンくらいと想像するが、船名はパテで一部の文字が読み取れない。NO?HIRO? パナマ船籍。



仕事が早いねェ。業界の人に聞いてみたら、1日停めるだけでも大層コストがかかるので、一刻も早く化粧直しをするのだそうだ。そんなわけで、2日後(4月18日午後2時30分、小雨)様子を見に行くと、もう浮きドックを出て美しい船体を尾道水道に浮かべていた。外観はもう新品だね。船名もハッキリと「NOSHIROV」と読み取れた。


(6)2007年4月12日(木)午後2時30分 晴れ
アッと驚いた。あれは船?? 浮きドックの中にある物体は、どこからか腕が出て来て動き始めるのでは、と思えるようなロボコック状態なのだ。
 それでは吾輩の目で正真正銘の船だと確かめるべく船尾を見たが、これまた何とも奇妙な格好で、双胴船のように船体が分かれているようにも見えるのだが、...。
 何とも、吾輩の船の知識の外にある、この妙な物体はいずれにしても浮きドックに入っているのだから船なのだ、と思うことにした。
 この船は海底に何やら工事(例えば、海底油田の掘削?!)をする船ではないかと想像を巡らせているが、定かでない。船の大きさは5千トン前後か、船名も国籍も判らない。
 あとで分ったことであるが、この船は動力がない船で、双胴船のように分かれた船体の内にタグボートが入って、後押されることで進む仕組みのようだ。





バックリンク(12) 参照(8723)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by