トップ > 030 尾道ファン倶楽部 > 平本弘子

平本弘子

(ひらもとひろこ)ソプラノ歌手
平本弘子

尾道ファン倶楽部・特別会員

尾道とのつながり

1998年5月「武久源造+平本弘子」ピアノ・コンサ−ト(会場/向島洋らんセンター)
1999年3月「武久源造+平本弘子+雨宮慶子」サロン・コンサート(会場/向島洋らんセンター)
2000年10月「武久源造歌曲集を歌う“マザーグースの世界”」武久源造(ピアノ)/平本弘子(ソプラノ)(県民文化センター福山)
2001年2月おのみち・トゥワイライト・コンサート「早春に映ろふ瀬戸の海」平本弘子(ソプラノ)/藤田意作(シンセサイザー)(会場/グリーンヒルホテル尾道)
2001年12月「日本のうた」塚田佳男(ピアノ)/東京室内歌劇場オペラ歌手4名(会場/西山別館)
2008年6月28日 音楽物語「わが心の大正ロマン」平本弘子(ソプラノ)/田中誠(テノール)(会場/しまなみ交流館)

平本弘子氏プロフィール
(ソプラノ歌手)

 広島大学教育学部音楽科卒業。文部省在外研修員として独シュトゥットガルト音楽大学に留学。オペラではスザンナ、パミ−ナ、フィオルデリージ、ロザリンデ他多数。ベ−ト−ヴェンの「第九」、バッハ「ロ短調ミサ」「マタイ受難曲」等のコンサート活動も多数。
 特に日本歌曲の分野に意欲的で委嘱作品も多く、石桁冬樹作曲(詩・仙宇吉)「花の幻」は「日本の作曲家1994」に選出され、NHK・FMにて放送。CDは「花への誘い」「母へ」をリリース。
 1996年第一回榛名梅の里音楽祭優秀賞受賞。それを契機に東京室内歌劇場会員として、東京上野の旧奏楽堂「日本の四季シリーズ」、音楽の友ホール「日本歌曲と詩人の心シリーズ」などに度々出演。近年、尾道・福山にて武久源造氏との共演も多く、氏の作曲による歌曲を初演。ソロリサイタル15回。03年、東京・銀座王子ホールにて、塚田佳男のピアノによるリサイタル「女たちの声」では初演の歌曲集「歳をとるほど大胆になるわ」が話題を呼んだ。現在、ふくやま日本歌曲塾演奏会代表。ドゥ−スフル−ル主宰。福山市立女子短期大学教授。岡山大学非常勤講師。CDは「花への誘い」「母へ」をリリース。2008年11月30日(日)、ふくやま県民文化センターにてリサイタルの予定。新録音による日本歌曲のCD『命を歌う』を同日発売開始

平本弘子氏に関する詳しい情報は「道は開ける」をご覧下さい。


バックリンク(13) 参照(4792)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by