トップ > 030 まちづくりアーカイブ > 幻の「ミニ臨海公園」

幻の「ミニ臨海公園」

日本で一つしかないクレーン付の電話ボックスの周辺整備は...。
幻の「ミニ臨海公園」
幻の「ミニ臨海公園」
幻の「ミニ臨海公園」

 尾道市長の私的諮問機関「尾道観光市民会議」が「歴史を生かしたまちづくり」を実践するため、尾道の歴史的な産業遺構を全く別の機能を持たせたものに変容させる取り組みが始った。
 1996年12月18日、使われなく成って久しい固定式クレーンは『住吉浜公衆電話室』として新しい生命を与えられ、誕生した。

 「尾道観光市民会議」は、かねてより『日常の風景(生活を含めた)の質を高める』ことが結果として、尾道の観光産業の発展への礎になると考えていた。
 たまたま、尾道観光市民会議では、民間の海運会社所有の固定式クレーン(1950年代製)が撤去されるとの情報を得て、これを保存するだけでなく、新しい機能を持たせ日常に蘇らせることを提案し、実現の運びとなったものである。
 尾道の港湾の賑わいを記憶にとどめる尾道に現存する最古の固定式クレーンを、尾道ご出身で東京在住の岡河 貢(建築家)、戸田芳樹(ランドスケープデザイナー)両氏のアドバイスをいただき、NTTのご協力も得て、市民と行政が協働で全国的に一つしかないクレーン付き電話ボックスに再生しようという計画が完成したものだ。
 (この事業が評価され、新建築社発行の「新建築」1997年5月号と鹿島出版会発行の「SD」5月号に取り上げられた。)

 この計画については「尾道歴史クレーン保存・再生計画書」>に記載されているが、その後日談は記載されていない。
 「尾道観光市民会議」はこの「住吉浜公衆電話室」の周辺整備まで考えていた。その内容は「尾道歴史クレーン保存・再生計画書」の最後には、下記のことが記載されていたが、後日その部分は削除されてしまった。

<新たな臨海公園としての整備>
 クレーンとオペレータールームの再生とともに、この新しいオブジェの周りを、将来尾道水道に隣接したミニ臨海公園として整備することを具体的に提案します。

<尾道の新たな名所としてPR活動>
 電話という今日的コミュニケーション技術と連動したまちづくりとして、またNTTが参加した新たな都市空間の魅力再生という意味で、尾道ご出身の大林監督煮よるNTTのTVコマーシャル化を要請します。

今だから言えるが、この計画はすべてが順調に進んだわけではなかった。このクレーンが設置されている場所は、広島県港湾課の管理するところであり、県は尾道市港湾課にその管理を委託していた。
 当時の尾道市港湾課N課長は、「尾道市民会議」の尾道歴史クレーン保存・再生計画に興味を持たなかった。彼の興味は唯一、「尾道市長がどう彼を思うか」の一点だった。それは、彼が「尾道市民会議」の席上、「あなたたちは市長の為に動いているのでしょ?」というメンバーに対して彼が発した質問に凝縮されていたに違いない。「尾道市民会議」の会長は次のように応えた。「私たちは、市長の為にやっているのではありません。尾道の為に動いているんですよ」
 N課長は、この計画が大々的に報道されるのを嫌った。広島県港湾課に知れるとまずいと思っていた。兎に角も、尾道市長の許可を得て「尾道歴史クレーン保存・再生計画」は、市民の浄財も頂きながら実現できた。
   次は、『住吉浜公衆電話室』の周辺整備だ。戸田芳樹氏の協力を得て、できる限り市民の浄財をもって実現するとの前提で、智慧を絞り、質の高いミニ臨海公園として整備する青写真ができあがった。

 「尾道歴史クレーン広場」は尾道水道に面し、現在では少なくなった船の発着所に接しているスペースであるので、尾道市民のみならず、観光客にも利用され、親しまれるポケットパークとしたいとして、次のような考え方で計画された。
(1)クレーンが回旋するイメージを平面的な円で表現する。
(2)円の広場は種々のタイルを市民参加で張り付ける。
(3)地中海的な気候の尾道をオリーブの植栽で表現する。
(4)ストライブ状の木目地により船の甲板をイメージさせる。
(5)木製のスツールには彩色を施し、尾道の若々しさを表現する。
(6)予算により、2期に分けて施工する。


 これを実現させたいとN課長に申し出たが、けんもほろろであった。「それは不可能だ。」という明確な回答であった。「尾道観光市民会議」は周辺整備の計画を断念せざるを得なかった。
 ところが、である。一年も経たない内に、思いもよらぬ整備がアッという間に施工された。ランドスケープとはほど遠い、アスファルト舗装に、雁木の石を適当に割り、ベンチ代わりに無造作に配置された姿だった。
 どうして不可能なことが出来たのか、不思議だった。それは市長の一言であったという。N課長は忠誠を尽くした市長の命に忠実に、不可能なことを可能にした有能な行政マンだった。
 現在、尾道市の所有となっている『住吉浜公衆電話室』に観光客をご案内することがよくある。このとき、吾輩はその誕生の経緯を熟知しているので、次のように客に説明する。『このクレーン付電話ボックスは尾道観光市民会議のメンバーたちが作ったもの。どうです、面白いでしょう。しかし、大岩や石のベンチなど、この周辺の造作は、彼らとは無縁なもの」であると。


バックリンク(7) 参照(5770)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by