トップ国内外見聞録 > 新星館(その2)

新星館(その2)

須田剋太のキャンバスから溢れ出るエネルギーに圧倒され...。
新星館(その2)
新星館(その2)
新星館(その2)
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

大島館長と司馬遼太郎と須田剋太の出会い
 大阪出身の大島さんは、東京で建設機械工具の販売で成功し、それを株に投資したが、オイルショックのせいもあって失敗、莫大な借金を抱えた。
 故郷の大阪に戻り、心機一転、奥さんと二人でお好み焼き屋を始めた。14坪から始めた店「伊古奈」は大繁盛し、110坪まで大きくなった。
 そんとき、週刊誌に連載された司馬遼太郎の紀行文『街道を行く』の挿絵に出会った。以来、大島さんの脳裏からあの須田画伯への強烈な想いが消えることはなかった。思いあまって、近所にお住まいの司馬遼太郎さんに仲介をお願いした。
 須田画伯は自分の作品が美術館のような冷え冷えした空間ではなく、生活感のある生きた空間に飾られることをかねてより願っていた。渡りに船であった。
 須田画伯は「伊古奈」を見るなり、一目で気に入った。24点の作品が無償で店に届けられた。大島さんが代金を支払おうとすると、須田画伯は「それなら絵は引き上げる」と言い張る。
 困った大島さんは司馬遼太郎さんに相談すると「甘えてもらっておけばいいよ。その代わり、その代金の分、おいしいものでも届けてあげなさい」。
 以来、大島さんは定休日には心づくしの料理を持って、須田画伯宅へ訪れるようになった。

清貧の画家・須田剋太
 須田剋太(1906〜1990)の芸術観の根底にはプリミティブへの憧れ、東洋思想、とくに道元の『正法眼蔵随聞記』への心酔があった。須田剋太は生涯「無一物」を標榜し、そして実践した。
 それは「私は子供のようでありたい。原始人のようでありたい」と願う須田が、好んで描いた「無一物無盡蔵」という文字にも伺える。
 司馬遼太郎は須田剋太について次のように書いている。
 「骨の髄から道元好きのこの人は、『正法眼蔵随聞記』の”学道の人は先づ須く貧なるべし。....僧は三衣一鉢の外は財宝をもたず。居処を思はず。”を生活の信条にしている。」

■「新星館」案内
展示作品・須田剋太の絵画と書、島岡達三の陶芸作品、約120点
住  所・北海道上川郡美瑛町新星の丘
     tel.0166-95-2888
アクセス・JR美馬牛駅より車で約5分
開館時間・10:00〜17:00 入館料 500円
休館期間・11月〜4月

********************************

 吾輩は大島館長の了解を得て、須田剋太の絵画と書、島岡達三の作品の撮影をお許しいただき、微力ながらこの美術館の広報に務めることにした。



 須田剋太は、「抽象・具象」について、次のように語っている。「抽象とは建築であり哲学であり、宗教であり、然りと云えども人間の生きる上での感動でなければならぬ。具象とは日日の生活であり、食物であり、然りと云えども生命の生きる上での感動である。具象から抽象へ。抽象から具象へ。真の自由脱落なら二つは回向(えこう)転換している。」

 須田剋太のコレクションは、大島さんの経営する東大阪市にあるお好み焼き「伊古奈」(tel 06-725-1008)と敷地内にある喫茶「美術館」でも楽しめる。



 島岡達三のコレクションは、大島館長が結婚した27歳のときから日常で使う食器としてそろえ始めたものだ。



「参考資料」ディスプレイ東京 2006/夏号、小海町高原美術館発行/図録「須田剋太・島岡達三」



バックリンク(10) 参照(4511)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by