トップ路地(露地) > 旅籠小路

旅籠小路

はたごしょうじには昔旅館が集中してあったというが...。
旅籠小路
旅籠小路
旅籠小路
 この路地は、尾道駅からものの1分とかからない中国銀行駅前支店の東側にあり、路地の入口から東に向かって100歩も歩けば、すぐ海岸通りに出る。近頃、この路地に和食の店ばかり新たに2〜3軒が開店し、ちょっとした駅前の食堂街になりつつあるのだ。
 たまたま、この地で長年店を構える食事処「すゑ膳」のご主人と四方山話をしていたところ、この路地には未だ名前がないことを知り、吾輩は即座に「旅籠(はたご)小路」と呼ぶことにした。昔、馬喰相手の旅籠(旅館)が犇めきあっていたというので、そんな名前を付けたのだが、いまではその名残か、二軒のビジネスホテルの裏口がこの小路に面しているだけだ。
 それにしても、尾道に牛市場があったという事実を知る若者は殆どいないのではなかろうか。まして『馬喰』という言葉さえ初耳かも知れぬ。
『馬喰』(ばくろう)とは、農家に和牛を飼育させ、成牛となる頃、牛を鑑定・見極めて市場へと売りに行く牛の鑑定人・仲買人のことだ。
 尾道家畜市場(俗称:牛市)は昭和の初期頃から日本一の規模を誇り、昭和30年(1955年)には年間7万頭もの牛が取引されていたと聞いたら驚くだろう。今から半世紀以上タイムスリップした、輝かしい尾道の喧騒と歴史の一コマが目に浮かぶようである。
 地べたを歩く吾輩にとって、ふと思ったことは、「そのころの祇園橋から西御所あたりの道路には牛フンがあちこちあったに違いない」と。フンといっても牛の食べるものは草ばかり、乾けば自然に帰るだけではあるのだが....。  その牛市があった場所には、全く何の面影も残っていない。



大きな地図で見る 
路地の情報
名称
旅籠小路
?m
長さ
約6.6m
動線種類直線
直線
方向
ほぼヨコ軸(東西)
こう配平坦
平坦
舗装地道
黒いアスファルト
両側の建物
モルタル、木造

舗装の年季度
生活臭
尾道的風情度

バックリンク(7) 参照(5539)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by