トップ路地ニャン公と仲間 > 日本の猫(1)

日本の猫(1)

尾道の猫だけでは、ご不満な方に...。
日本の猫(1)
日本の猫(1)

 ここは仙崎、といったら一般の猫族はすぐに大好きな蒲鉾を連想するが、博学の吾輩はあの有名な金子みすヾさんを想うのだ。仙崎の猫も吾輩同様、金子みすヾさんの童謡を口ずさむほどのインテリ猫だ。

<上の猫> 海の魚はかわいそう。お米は人につくられる。牛はまき場でかわれてる。こいもお池でふをもらう。 けれども海のお魚は 何にも世話にならないし いたずら一つしないのに こうしてわたしに食べられる。 ほうとに魚はかわいそう。

<下の猫> 青いお空のそこふかく、海の小石のそのように、夜がくるまでしずんでる、昼のお星はめに見えぬ。見えぬけれどもあるんだよ。見えぬものでもあるんだよ。(2005年5月)


 『吾輩は猫である。名前はまだ無い。』という名文で始まるわが猫族のバイブルの著者、明治の文豪・夏目漱石先生の碑が建つ錦華小学校(現お茶の水小学校)に隣接する錦華公園を歩いていたら、アッ、居たいた! 
 どれどれ...、とじっくり眺めてみたが....。吾輩にはどう見ても独善先生のお宅で酔っぱらっい、水瓶に落ちた、彼(か)の有名な伝説の猫の子孫には見えないのだ。おどおどした気弱さ、奇妙な顔の紋様などなど..。それでも吾輩が記念写真をとデジカメを向けたら、ちょこんと正座し応えてくれた。まっ、漱石先生ゆかりの地に居てくれただけでも、『ありがたや、ありがたや...』(写真/中は、山の上ホテルのすぐ下の錦華公園で撮影 2006年3月8日)


バックリンク(10) 参照(2882)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by