トップ国内外見聞録 > 旭山動物園と富良野の花たち(2)

旭山動物園と富良野の花たち(2)

大急ぎの旭川見学だから、大雑把なご理解だけを....。
旭山動物園と富良野の花たち(2)

旭山動物園と富良野の花たち(2)

旭山動物園と富良野の花たち(2)
国内外見聞録関連ページ
しまなみ海道・潮流体験 ナポリからプローチダ島へ 久保田彰チェンバロ工房 函館ひとり旅-その1 函館ひとり旅-その2 旭山動物園(その3) すし処 ひさ田 プローチダ島(その1) そば料理 福塩線 マテーラ(その2) マテーラ 「ヴェランダ」というカフェ プローチダ島(その2) 小泉淳作の「双龍図」 ボラボラ島(2) ボラボラ島(1) 美しい風景(その1) 東京の秋の色 バルトの宝石・琥珀 エストニア(その2) 秋色の大山 エストニア(その3) エストニア(その4) 隠岐島の印象 野外広告塔の海外事情 シャウレイの「十字架の丘」 バルト三国の石畳事情 バルトのウエイトレスたち 世界遺産の都市リガ カウナス 外交官・杉原千畝 美女の住む国 ヴィリニュス ヴィリニュス国際空港 ヘルシンキの雨 年越しの道後温泉 内子町のお正月(その1) 内子町のお正月(その2) 備中国分寺のお正月 猪熊弦一郎現代美術館 台湾のダイエットツアー(1) 台湾のダイエットツアー(2) 台湾のダイエットツアー(その3) 東京見聞録(築地編) 東京見聞録(浜離宮、浅草、原宿編) 熊本見聞録(その1) 東京見聞録(浅草の「鰻」編) 熊本見聞録(その2) 近江八幡の水郷めぐり 「風の音」(1) 風の音(2) 晩秋の仏通寺 八勝館(その1) 八勝館(その2) 八勝館(その3) 中富良野の山荘 新星館(その1) 新星館(その2) 横浜 旭山動物園と富良野の花たち(1) 大歩危という渓谷 バリ島とジャワ島の「千円商法」 セブ島の思い出 ラッフルズの「ロングバー」 上海見聞録 アユタヤの王国 湯布院の魅力 東京見聞録(浅草・神田編) 東京見聞録(神田神保町編) バンフとカナディアン・ロッキー ウルムチ(烏魯木斉)・トルファン(吐魯番) 吉野ケ里遺跡 ウィーンのお犬様 倉敷観光 三原・仏通寺観光 亀老山公園の恋人岬 竹原という日本の原風景 水無月の京都の美(1) 水無月の京都の美(2) ヘルシンキのムーミン 再び北欧の地へ エストニア(その1) 旭山動物園と富良野の花たち(2) 猪熊弦一郎現代美術館 函館ひとり旅ー特別編2 函館ひとり旅ー特別編 バンフとカナディアン・ロッキーのコピー 猪熊弦一郎現代美術館

 自然の中でのびのびと生きる動物たちの姿を見ることができる動物園づくりというコンセプトが旭山動物園の新たなる取り組だった。その結果は大成功で、再生された動物園は、大勢の入園者で賑わっている。
 成熟産業も業態変化でこうも変わるという典型だ。まっ、言ってみればサファリのマイクロ化だね。限られた空間に動物たちが好む環境を合理的に効率的に凝縮し具現化した動物園だと吾輩は思うのだが...。
 ついつい訳の判らぬ吾輩特有の論理的思考回路に迷い込んでしまった。ここらで、単純に動物たちの動きを眺めて楽しむことにしようではないか。

 寒い国の代表的な動物であるトナカイは、活躍のクリスマスはとっくに過ぎて、今はオフシーズンということでのんびりしたものだ。
 次のクリスマスに向けてそろそろ準備を始めたのか、丁度、毛替わりの時期で少々みっともないが、ちょっと変わったトナカイ・ダンスを見ることができたのでご披露しよう。
 お次はクジャク。羽根を広げたクジャクのダンスを見ることができなかったのが残念ではあるが、長〜い羽根をもつ雄の優雅な姿をドラマチックに見ることができた。
 まだまだ楽しい動物はたくさんいる筈だけれど、時間切れでそそくさと動物園を後にして、富良野に向かった。

 富良野といえば、美しい花畑を連想させる。その花たちをじっくりデジカメで撮る予定だったのだが、情けないことに準備周到な吾輩が、こともあろにカメラのバッテリーを充電するのを忘れて北海道に来てしまったのだ!!
 辛うじて撮ることができた下の数枚の写真でご勘弁戴きたい。





国内外の旅のご相談は...
ジェイティービー代理業(JTB総合提携店)
(株)ビサン ゼセッション TEL 0848-37-5317
info@bisan.co.jp

バックリンク(7) 参照(5184)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by