トップ路地(露地) > 昭和通り

昭和通り

(しょうわどおり)という路地は表と裏の表情がこんなに違う...。
昭和通り
昭和通り
昭和通り
 「吾輩は道である。名前はまだない」という道が最近多くなった。いつの頃から「道」に名前がなくなったのか。
 つらつら考えるに、それは1960年代以降の高度成長期にさかのぼるのではないだろうか。工業製品や生活必需品の大量生産、大量供給に大量消費の大号令で、国民一色バラ色で日本がどんどん元気になっていった時代だ。
 都市計画という思想を持たず、山という山が削られ、住宅団地・工業団地が次々と造成され、街は無秩序に増殖し、海は臨海工業地帯として埋め立てられていった。「潤い」という言葉は忘れ去られ、元気にがむしゃらにばく進し、自然を切り売りした若い時代。切り売りだから、どんどん捨てればいい。どんどん捨てられるものに名前は要らない。「道」も同じで、「単なる機能があればよい」と、いうことか。

 ....何でこんな話になったのか、と考えてみた。どうやら「昭和通り」という名前と、そこから連想させる時代の記憶が吾輩を饒舌にさせたようだ。ひとり善がりな思い込みを長々書いて、大いに失敬!!。

 本題に戻るとしよう。はてさて、なぜ「昭和通り」という名前がこの通りに付いたのか。しかもコの字型をしたちょっと広めのこの道は、車が抜けられないという意味で路地である。
 これまた余談ではあるが、この路地は吾輩の幼少期の記憶を彷佛させる。いまでも笑い声や泣き声が聞こえてくるニャン。土門拳が残したがんぼう(わんぱく小僧)たちの映像の世界だ。
 この界隈は、もともと海徳寺の地所であった。それが昭和元年頃に寺が瑠璃山(=浄土寺山)中腹に移転したことにより、道が作られ、民家が建てられた。「昭和通り」という名前の由来はどうやらそのあたりにあるようだ。
 この路地は、表入口と奥の角あたりの雰囲気がガラッと違う。車社会に辛うじて機能する路地と車を拒絶する路地の違いか。それにしても、この路地にはわが数匹の猫族がちょこちょこしていて、住みやすい環境にあるらしい。
 写真/上は東西に走る南側の路地、写真/下は同じく東西に走る北側の道(備三タクシー久保営業所とビサン ゼセッションの間)。写真/中は二本の路地を結ぶ南北に走る路地(数十年の昔には、桶をつくる職人さんが居た)。この三本がコの字型になっているという路地なのだ。


路地の情報
名称
昭和通り
3.6m
長さ
約123m
動線種類直線
コの字型の直線
方向
タテ・ヨコ軸(東西南北)
こう配平坦
平坦
舗装地道
コンクリート
両側の建物
モルタル、木造

舗装の年季度
生活臭
尾道的風情度

バックリンク(10) 参照(3555)

路地ニャンシャーロック
会計レジを見る








三井住友外貨宅配
メルマガ登録・解除


路地ニャン公の独り言
copyright bisansecession Powerd by